Tuesday, November 13, 2018

「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」(WOWOW)を観た

Rijf2018_wowow

 今年2018年の夏も国営ひたち海浜公園で行われた"Rock In Japan Fes.2018"。今年も前半8/4・5と後半8/11・12の2週にわたって開催され、自分はDAY2 8/5(土)に参戦した。今年で16年連続参戦となったRIJFだけど、この10月WOWOWで20時間(!)も「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」が放送され、ダラダラとたっぷり楽しみました。しっかし自分が観たMy Hair is Badとホルモンの放送がないのはめちゃめちゃ残念。
 ともかくひっかかったArtistについて。
・go!go!vanillas:Lake StageにこだましたCountry調のRock'n Roll。
・Yogee New Waves:サポートパーカッションの元bonobosの松井泉が参加してた。
・MONGOL800:Happy感満載のモンパチ、Grass中の人々が笑顔で「小さな恋のうた」を歌ってた。
・CREAM:男女とHipHopユニット。
・Survive Said The Prophet:硬質なDigital Beat。
・dustbox:一度、RIJF2011で彼らのLiveを観たけど、ほんと楽しかった。
・フジファブリック:いい歌を書いてきたBand。
・竹原ピストル:この「隠岐手紙」という曲で、吉田拓郎の「落陽」にあった旅情感を思い出した。
・175R:「ハッピーライフ」、やたら懐かしい。
・キュウソネコカミ:やっとGrass Stageにたどり着いたキュウソ。思いを込めた「ビビった」と今度ちゃんと聴きたくなったバンド賛歌の「The band」。
・THE BAWDIES:GuitarのCuttingがいい。
・あいみょん:ガキの頃だったらきっと聴いていたと思う。
・NAMBA69:一度、NO NUKES 2015で観たLive。ほんと激しかった。
・サニーデイ・サービス:曽我部恵一よりもラーメン評論家・田中貴のほうに目が行ってしまう。
・雨のパレード:MelodyもKeyboardも歌詞もいいし、切ないし、浮遊感あるし、もう絶対音源聴く。
・東京スカパラダイスオーケストラ:スパイ映画的でラテン的で昭和的。
・SUPER BEAVER:声は凄くいいし、ほんと不敵なステージング。
・m-flo:やっぱりm-floにはLISAが必要。
・UVERworld:なんだかんだでJapanese Rockの最先端。
・HUSKING BEE:いいおっさんになっても熱いメロコア。しっかし「Walk」は不朽の名曲。
・CAPSULE・中田ヤスタカ:Sound of Forestの至福な光と音の洪水。
・エレファントカシマシ:性急で前向きな「Easy Go」と赤い照明がよく似合う「ガストロンジャー。
・10-FEET:人に優しい「太陽4号」とGrass中が揺れた「RIVER」と切ないMeloodyでいつもミッシェルを思い出す「その向こうへ」。
・yonige:朝一のLake Stageで初めて観たyonige。チャットモンチーよりRockだった。
・Nulbarich:どこか懐かしいGroovyさ。
・さユり:歌詞と彼女の存在感に引き込まれた。
・OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND:広がりが伝わった曲「Making Time」。
・teto:性急だけど共感できる歌詞がいい。
・MY FIRST STORY:Lake満タン、Grass目前。
・サンボマスター:当日、自分は見なかったけど、Park Stageのサンボがこんなに盛り上がっていたとは。
・レキシ:十二単を着た池ちゃん、ほんと暑そうだった。稲穂が揺れるGrass、ほんと楽しいLiveだった。
・Dragon Ash:灼熱のGrass Stageであまりの暑さに途中後ろに下がったDAのLive。あんときは危なかった。
・松任谷由実:超ミニパンのYuming、踊り含め凄かった。でも歌詞を全部覚えていて、Yumingの曲は今でも体にしみこんでた。
・フレデリック:DancableでCatchyなんだけど、どーも合わない。
・MUCC:この「ハイデ」という曲はRomanticなんだけど、Looksが...。
・SIX LOUNGE:硬質Guitarで好きなGarae Sound。
・マカロニえんぴつ:どこかFolkyでBluzyで好きなTaste。
・Gotch:コンパクトなHillside Stageに似合うFolkさ。
・NakamuraEmi:アコギのCuttingとVoiceのPerformance。
・奥田民生:Sound of Forestの森に民生の声がこだましていた。
・HYDE:圧倒的な存在感。
・DATS:DigitalなBeatとCatchyさ、もっと聴きたい。
・The Mirraz:DancableでEdgeが効いたRock'n Roll。
・Aimer:この「ONE」という曲の至福感がいい。
・ASIAN KUNG-FU GENERATION:初めてLiveで聴いた「生者のマーチ」、ガッガッとRhythmを刻む「荒野を歩け」、アンコールでGotchがマイクだけで楽しそうに歌っていた「君という花」。あのGrassで夕暮れからずっとアジカンの曲を聴きながら空を見てた。そして今年最初で最後の花火が厚かった1日を癒してくれた。
・SHANK:Ska Beatのメロコア。
・Creepy Nuts:アジカンの「リライト」を愛を込めてリライト。
・どついたるねん:4MC。Groovyで気持ちいい。音源聴こう。
・Shiggy Jr.:コケティッシュ。
・夜の本気ダンス:PopなDance Tune。
・mol-74:一瞬、野田洋二郎(Redwimps)の声かと思った。
・Official髭男dism:黒さがいい。
・locofrank:メロコアってあらためて気持ちいい。
・きのこ帝国:浮遊感と透明感がいい。いつか音源を聴こう。
・a flood of circle:Beat溢れるGarage Sound。
・打首獄門同好会:まさに旬のBand。肉のことを考えながらLiveを楽しみたい。
・KEYTALK:ぜんぜん聴かないけど、この「MATSURI BAYASHI」はいい。
・NICO Touches the Walls:カントリー調でおおらかな「天地ガエシ」とClap Your Handsがやたら楽しい「手をたたけ」。
・四星球:「時間がないときのRIVER」ってある意味10-FEET愛。
・Dizzy Sunfist:いつか彼女たちのLiveが見たい。
・G-FREAK FACTORY:何回聴いてもこの「ダディ・ダーリン」はしみる。
・清水ミチコ:クリープパイプ、ユーミン、ゴールデンボンバーにゲス...ほんと上手い。
・KEMURI:やたらポジティブで楽しそうなおっさん達。
・indigo la End:ゲスより切なくていい。
・9mm Parabellum Bullet:この「太陽が欲しいだけ」のAメロはいい。
・Rhythmic Toy World:演奏力が高いと思う。
・Yap!!!:the Telephonesを彷彿させる石井のVocal。
・ポルカドットスティングレイ:結構好きかも。
・Mrs. GREEN APPLE:Popでこの「WanteD! WanteD!」のシンガロングは凄まじい。
・MAN WITH A MISSION:Grass Stageでのどこまでの人の波が続いていた。しっかしこの「FLY AGAIN」のエナジーは凄い。
・岡崎体育:キレッキレのBeatでEDM.
・GOOD4NOTHING:笑顔のおっさん達。
・GLIM SPANKY:乾いたRock。
・ちゃんみな:インパクト大。
・ゲスの極み乙女。:やっぱり川谷はよい曲を作ると思ったStage。しっかし「キラーボール」はキラーチューン。
・BRADIO:コシにくるSoul Music。
・POT:メロコアのGuitar Band。
・ユアネス:この「Bathroom」という曲、歌詞もMelodyも優しい。
・ENTH:爆発寸前のBuzz Stage。
・Nothing's Carved In Stone:Edgeの効いたSolidさ。
・ヤバイTシャツ屋さん:Grass Stageにたどり着いたサークルバンド、なんか感動的。
・BACK LIFT:3pieceの鉄板メロコア。
・RHYMESTER:満タンのBuzz Stageに降臨したKing Of Live。
・おいしくるメロンパン:ハイトーンVoiceの浮遊感。
・ACIDMAN:3人による爆音だけど、優しくて大きい。
・ORANGE RANGE:この「以心電信」のピコピコ音だけど、酔っぱらって聴いたらきっと今でも楽しい。
・04 Limited Sazabys:煙のステージ特効も砂ぼこりも凄かった。
・THE BACK HORN:なんか気合いが入る。
・JUN SKY WALKER(S):そんなに聴いていたBandじゃないけど、やっぱりジュンスカは懐かしい。
・THE STARBEMS:ビークル、復活しないかなぁ。
・HEY-SMITH:SkaとPunkとBrassのRock'n Roll。
・ROTTENGRAFFTY:Guitarのリフもシンガロングも最高だった。
・Superfly:この「タマシイレボリューション」で全身鳥肌が立った。
・FOMARE:Vocalの声質も曲もいい感じのメロコア。ちょっと気になる。
・SOIL&"PIMP" SESSIONS:GroovyなModern Jazz。
・ストレイテナー:どこか切ない美メロのMidium Tuneの「Braver」。しっかしテナーは安定感があってブレない。
・BLUE ENCOUNT:サザンの裏でLakeで善戦。
・サザンオールスターズ:ひさびさにロッキンに出演したサザン。やっぱり格は違うし、曲は鉄板だし、楽しそうに水を放出してた。まだ観ていないWOWOWの特番も早く観よう。
 今年の夏の思い出に。

● On Air Set List:ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018 (WOWOW)
=DAY-1=
M-01. アンビバレント/欅坂46
M-02. 危なっかしい計画/欅坂46
M-03. Strawberry Feels/BIGMAMA
M-04. おはようカルチャー/go!go!vanillas
M-05. Ride on Wave/Yogee New Waves
M-06. 「特選」/シシド・カフカ
M-07. オメでたい頭でなにより/オメでたい頭でなにより
M-08. フカンショウ/パノラマパナマタウン
M-09. honeymoon/MONGOL800
M-10. 小さな恋のうた/MONGOL800
M-11. ドラマチック/Base Ball Bear
M-12. ROCK-mode'18/LiSA
M-13. Un-science/SHE'S
M-14. 悪魔の証明/め組
M-15. Girl Like Me/CREAM
M-16. Alabama/Lenny code fiction
M-17. Network System/Survive Said The Prophet
M-18. サヨナラをした僕等は2度と逢えないから/バンドハラスメント
M-19. 嘘まみれの街で/PENGUIN RESEARCH
M-20. Maxとき315号/NGT48
M-21. Good Luck/SPECIAL OTHERS
M-22. 絶対彼女/大森靖子
M-23. Rise Above/dustbox
M-24. 手紙/フジファブリック
M-25. 隠岐手紙/竹原ピストル
M-26. ハッピーライフ/175R
M-27. 容姿端麗な嘘/THE ORAL CIGARETTES
M-28. BLACK MEMORY/THE ORAL CIGARETTES
M-29. ビビった/キュウソネコカミ
M-30. The band/キュウソネコカミ
M-31. JUST BE COOL/THE BAWDIES
M-32. ENVY/coldrain
M-33. ワインライダー・フォーエバー(筋少Ver.)/筋肉少女帯
M-34. 君はロックを聴かない/あいみょん
M-35. HEROES/NAMBA69
M-36. セツナ/サニーデイ・サービス
M-37. 光の方へ/鈴木愛理
M-38. 花一匁/BURNOUT SYNDROMES
M-39. Shoes/雨のパレード
M-40. Paradise Has No Border/東京スカパラダイスオーケストラ
M-41. 正攻法/SUPER BEAVER
M-42. No Question/m-flo
M-43. Q.E.D./UVERworld
M-44. 零HERE~SE~/UVERworld
M-45. IMPACT/UVERworld
M-46. いつか/Saucy Dog
M-47. ロックバンド/SAKANAMON
M-48. Walk/HUSKING BEE
M-49. Enjoy/HUSKING BEE
M-50. Give You More/CAPSULE・中田ヤスタカ
M-51. Hero/CAPSULE・中田ヤスタカ
M-52. 虹/Aqua Timez
M-53. 決意の朝に/Aqua Timez
M-54. Easy Go/エレファントカシマシ
M-55. ガストロンジャー/エレファントカシマシ
M-56. 太陽4号/10-FEET
M-57. RIVER/10-FEET
M-58. その向こうへ/10-FEET

=DAY-2=
M-01. キミに100パーセント/きゃりーぱみゅぱみゅ
M-02. きみのみかた/きゃりーぱみゅぱみゅ
M-03. プロミスザスター/BiSH
M-04. our time city/yonige
M-05. Slow & Easy/平井大
M-06. 常夏ヴァカンス/フレンズ
M-07. かいしんのいちげき!/天月-あまつき-
M-08. MANUAL/Anly
M-09. お別れの歌/never young beach
M-10. Zero Gravity/Nulbarich
M-11. フラレガイガール/さユり
M-12. Mr.Hyde/PHONO TONES x ADAM at
M-13. Making Time/OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
M-14. 新/ヤングオオハラ
M-15. 勿忘草/長靴をはいた猫
M-16. Stay What You Are/SUGARLUNG
M-17. ユートピア/マッシュとアネモネ
M-18. Keep Your Hand/Wonder Wall
M-19. I Wanna Be Loved By You/手嶌葵
M-20. 暖かい都会から/teto
M-21. リトルシンガー/緑黄色社会
M-22. イロゴト/Plastic Tree
M-23. 不可逆リプレイス/MY FIRST STORY
M-24. できっこないを やらなくちゃ/サンボマスター
M-25. KMTR645/レキシ
M-26. 狩りから稲作へ/レキシ
M-27. Prologue/ASH DA HERO
M-28. DOMINATION/BAND-MAID
M-29. Electric Surfin' Go Go/POLYSICS
M-30. 奏(かなで)/スキマスイッチ
M-31. Diver's High/SKY-HI & THE SUPER FLYERS
M-32. ROCKET DIVE/Dragon Ash
M-33. Jump/Dragon Ash
M-34. Sign of the Time/松任谷由実
M-35. 守ってあげたい/松任谷由実
M-36. 真夏の夜の夢/松任谷由実
M-37. ホワイトビーチ/HY
M-38. 飄々とエモーション/フレデリック
M-39. ハイデ/MUCC
M-40. LULU/SIX LOUNGE
M-41. ミスター・ブルースカイ/マカロニえんぴつ
M-42. Wonderland/Gotch
M-43. かかってこいよ/NakamuraEmi
M-44. ダメ、ゼッタイ、現実逃避/ReVision of Sence
M-45. Rage on/OLDCODEX
M-46. さすらい/奥田民生
M-47. Freedom/Crossfaith
M-48. instant EGOIST/UNISON SQUARE GARDEN
M-49. AFTER LIGHT/HYDE
M-50. Heart/DATS
M-51. Black or White/KNOCK OUT MONKEY
M-52. 真夏の屯田兵 ~yeah! yeah! yeah!~/The Mirraz
M-53. ぶっこ/The Mirraz
M-54. Higher Ground/Aimer
M-55. ONE/Aimer
M-56. Phoenix/TOTALFAT
M-57. Your Goddamn Song/TOTALFAT
M-58. フィクション/sumika
M-59. マイリッチサマーブルース/sumika
M-60. 生者のマーチ/ASIAN KUNG-FU GENERATION
M-61. 荒野を歩け/ASIAN KUNG-FU GENERATION
M-62. 君という花/ASIAN KUNG-FU GENERATION

=DAY-3=
M-01. まさし/ゴールデンボンバー
M-02. 抱きしめてシュヴァルツ/ゴールデンボンバー
M-03. 拝啓、いつかの君へ/感覚ピエロ
M-04. プレシャスサマー!/でんぱ組.inc
M-05. Life is…/SHANK
M-06. リライト/Creepy Nuts
M-07. 生きてれば/どついたるねん
M-08. お手上げサイキクス/Shiggy Jr.
M-09. 走れ! -Z ver.-/ももいろクローバーZ
M-10. クローバーとダイヤモンド/ももいろクローバーZ
M-11. Magical Feelin'/夜の本気ダンス
M-12. カーニバる?/ナオト・インティライミ
M-13. さすらい/アルカラ
M-14. %/mol-74
M-15. ノーダウト/Official髭男dism
M-16. 狼の詩/新しい学校のリーダーズ
M-17. エール/空想委員会
M-18. It's OVER/locofrank
M-19. Hikari/androp
M-20. クロノスタシス/きのこ帝国
M-21. Faith/miwa
M-22. We are the light/miwa
M-23. ウララ/ビッケブランカ
M-24. Dancing Zombiez/a flood of circle
M-25. 夜の向こうへ/the band apart
M-26. ニクタベイコウ!/打首獄門同好会
M-27. もし君を許せたら/家入レオ
M-28. Summer Venus/KEYTALK
M-29. MATSURI BAYASHI/KEYTALK
M-30. 天地ガエシ/NICO Touches the Walls
M-31. 手をたたけ/NICO Touches the Walls
M-32. 空ばかり見ていた/グッドモーニングアメリカ
M-33. SAY!!!/Little Glee Monster
M-34. 時間がないときのRIVER/四星球
M-35. SHOOTING STAR/Dizzy Sunfist
M-36. ダディ・ダーリン/G-FREAK FACTORY
M-37. Asobi/ZAZEN BOYS
M-38. パブリック/Bentham
M-39. 猫かぶる/MOSHIMO
M-40. アナログマガール'18/あゆみくりかまき
M-41. ロック・イン・ジャパン2018メドレー/清水ミチコ
M-42. PMA(Positive Mental Attitude)/KEMURI
M-43. 蒼糸/indigo la End
M-44. 太陽が欲しいだけ/9mm Parabellum Bullet
M-45. Fighter/KANA-BOON
M-46. バトンロード/KANA-BOON
M-47. 僕の声/Rhythmic Toy World
M-48. 青写真/Ivy to Fraudulent Game
M-49. Ahhh!!!/Yap!!!
M-50. BURNING FESTIVAL/チームしゃちほこ
M-51. START/チームしゃちほこ
M-52. テレキャスター・ストライプ/ポルカドットスティングレイ
M-53. BLUE/ポルカドットスティングレイ
M-54. WanteD! WanteD!/Mrs. GREEN APPLE
M-55. 青と夏/Mrs. GREEN APPLE
M-56. Emotions/MAN WITH A MISSION
M-57. Take Me Under/MAN WITH A MISSION
M-58. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION

=DAY-4=
M-01. Stamp/岡崎体育
M-02. R.S.P/岡崎体育
M-03. FOUND/GOOD4NOTHING
M-04. 愚か者たち/GLIM SPANKY
M-05. MUSIC/Czecho No Republic
M-06. MY NAME/ちゃんみな
M-07. ハンティングサマー/Gacharic Spin
M-08. 1919/LONGMAN
M-09. もう切ないとは言わせない/ゲスの極み乙女。
M-10. キラーボール/ゲスの極み乙女。
M-11. この高鳴りをなんと呼ぶ/忘れらんねえよ
M-12. HOW DO YOU LIKE JAPAN?~日本はどんな感じでっか?~/モーニング娘。'18
M-13. Back To The Funk/BRADIO
M-14. COUNTDOWN/POT
M-15. 休みの日/宇宙まお
M-16. Bathroom/ユアネス
M-17. ムーンレイカー/ENTH
M-18. 自由へ道連れ/私立恵比寿中学
M-19. immorality(Arranged by 岡崎体育)/阿部真央
M-20. Out of Control/Nothing's Carved In Stone
M-21. あつまれ!パーティーピーポー/ヤバイTシャツ屋さん
M-22. ハッピーウェディング前ソング/ヤバイTシャツ屋さん
M-23. great escape/cinema staff
M-24. Catch/BACK LIFT
M-25. After 6/RHYMESTER
M-26. nazca/おいしくるメロンパン
M-27. 19 summer note./SILENT SIREN
M-28. ネコに風船/大塚愛
M-29. MEMORIES/ACIDMAN
M-30. Ryukyu Wind/ORANGE RANGE
M-31. 以心電信/ORANGE RANGE
M-32. fiction/04 Limited Sazabys
M-33. Squall/04 Limited Sazabys
M-34. マッカメッカ/パスピエ
M-35. 声/THE BACK HORN
M-36. 全部このままで/JUN SKY WALKER(S)
M-37. 夏将軍/アンジュルム
M-38. 青空のラプソディ/fhana
M-39. ライオン(2018 New Ver.)/ベリーグッドマン
M-40. 完全無敵のぶっとバスターX/魔法少女になり隊
M-41. Stay Punk Forever/THE STARBEMS
M-42. INSIDE BEAST/the GazettE
M-43. Radio/HEY-SMITH
M-44. 金色グラフティー/ROTTENGRAFFTY
M-45. タマシイレボリューション/Superfly
M-46. Fall/Superfly
M-47. N.E.O./CHAI
M-48. フューチャー/CHAI
M-49. 夢から覚めても/FOMARE
M-50. Lani/FOMARE
M-51. ブルゾンちえみ with B
M-52. Explorer/SOIL&"PIMP" SESSIONS
M-53. SUMMER GODDESS/SOIL&"PIMP" SESSIONS
M-54. Braver/ストレイテナー
M-55. シーグラス/ストレイテナー
M-56. VS/BLUE ENCOUNT
M-57. 灯せ/BLUE ENCOUNT
M-58. 希望の轍/サザンオールスターズ
M-59. 東京VICTORY/サザンオールスターズ
M-60. みんなのうた/サザンオールスターズ
M-61. 勝手にシンドバッド/サザンオールスターズ
* Filmed Live at Hitachi Seaside Park,4th,5th,11th,12th August 2018.
* Special Thanks rockin' on japan.
* Produced by WOWOW in associated with Visual Signs,MAZRI,MU PROJECT.

| | TrackBack (0)

Tuesday, September 25, 2018

ROCKIN'ON JAPAN OCTOBER 2018

Japan1810 エルレとロッキンということでこの号だけは外せない、ひっさびさに買って読んでみた「ROCKIN'ON JAPAN OCTOBER 2018」、気になった記事について。
 ●ELLEGARDEN 復活!:
 2008年かた10年経ってついに復活した。今回突然のエルレのLive告知があったとき、残業時間中だったけど、思わず声をあげてしまったけど、その後対バンがワンオクと聞いた時、なぜだろ!?って思ったもの。でもこの細美とTakaの対談を読んで、Takaが背中を押し、その助言と助力があって復活したことを初めて知った。日本のStadium Bandとしてここまでデカくなったワンオクが、背中を追ってきたエルレの復活と一緒に対バンすることをただ純粋に望み、実現させたことにほんと尊敬した。それにしても2008年6月号のJAPANでの活動停止インタビューと殴り合ったあとの写真を見て衝撃を受けたけど、この号ではほんとうに楽しそうにLiveをやってる。それだけでほんとうに嬉しかった。
 しっかしエルレのLiveは、活動停止前最後のRIJF2008をはじめ3回ほどみたことがある。今回の復活Liveには行けなかったけど、またいつか絶対行こうと思う。
 ●くるり New Album "ソングライン":
 4年ぶりにReleaseされたこのAlbum「ソングライン」、もうずっと何回も何度も聴き続けてる。あくまでくるりっぽい曲を素直に向き合って作ったと言っている。日常を愛おしく歌ってる。ほんと聴きたかった歌モノAlbumで、あの1st Album「さよならストレンジャー」を思い出す。もっと聴こう。
 ●別冊 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018:
 今年で16回目のひたちなか。この特別別冊には全ActのLive ReportとSet Listが載っていて、毎年これはありがたい。やっぱりこの別冊をながめると、行って感じたあの異常な暑さとか美しさとかにはかなわない。yonige、マイヘア、レキシ、Dragon Ash、ユーミン、アジカン、そして今となってはほんとに見れてよかったホルモン。だから来年も。

 これ以外の記事では、クリープハイプ New Album "泣きたくなるほど嬉しい日々"(聴かねば...)、04 Limited Sazabys New Album "SOIL"(聴いてみたい...)、Cornelius New Album "Ripple Waves"、星野源 New CDS "アイデア"、ASIAN KUNG-FU GENERATION New CDS "ボーイズ&ガールズ"(Albumが楽しみ!)、ヤバイTシャツ屋さん New CDS "とってもうれしいたけ"、菅田将暉×あいみょん 対談あたり。

 しっかし、JAPANって全然誌面構成が変わってなくて、なんか安心して読める。これからも気になる号は読むようにしよう。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・ボーイズ&ガールズ/ASIAN KUNG-FU GENERATION (DVD)
・泣きたくなるほど嬉しい日々/クリープハイプ (Album)
・好きなら問わない/ゲスの極み乙女。 (Album)
・とってもうれしいたけ/ヤバイTシャツ屋さん (CDS)
・INNER VOICE/真心ブラザーズ (Album)

| | TrackBack (0)

Sunday, September 09, 2018

第15回 桜新町ねぶたまつり@桜新町 #9

Img_20180908_185152_182

 昨日は年に一度の「第14回 桜新町ねぶたまつり」。今年はいつもの山車やハネト見物に加え、去年に続き佐藤タイジ(Theatre Brook)が登場しLiveをする。結構楽しみにしてた。

Dsc08295

Dsc08296

Dsc_8296

Dsc08307

 まだ陽が落ちず、暑さがある中、桜新町交差点あたりに設置されたトレーラーに向かう。すでに佐藤タイジやスタッフがステージにあがりセッティングとサウンドチェック中。ビール飲みながら、音を聴く。ガットギターの太い6弦が切れ、焦るタイジ。微笑ましい...。

Dsc08309

Dsc08313

Dsc08315

Dsc08321

Dsc08323

Dsc08324

 時刻は17時半。浴衣姿の女性がMC紹介を受けて、佐藤タイジがトレーラーにあがる。まずは1曲目は弾き語りで「サザエさん」。観客も子供達も喜んでたし、ソウルフルな「サザエさん」がめちゃめちゃかっこいい。「桜新町の人はほんとにサザエさんの恩恵を受けてる。感謝しよう」というMCの後、お祭りということで自分の出身・徳島の阿波踊りについて触れる。「踊るあほうに見るあほう。これは時に為政者であっても阿波踊りの前では平等だ。だから阿波踊りに日本のレベルミュージックだ」という話のあと、2曲目は「踊らなソンソン」。みんなノリがよくて、コールアンドレスポンスが起きていた。ここで、桜新町NEIGHBORのスタッフである河原真がベーシストとしてトレーラーに上がり、3曲目はPrinceのカバーであの「Purple Rain」。いやーかっこいい。しっかし「Princeは気持ち悪いと言うな、世界遺産だ」というタイジは信じられる。で、311のこと、日本はソーラー電源だけですべての電力を賄えるということ、そして9/22に迫った中津川 THE SOLAR BUDOKANのことを話してから。4曲目は「もう一度世界を変えるのさ」。そしてLastは絶対聴きたかった名曲「ありったけの愛」。座ってた観客も立ち上がり、踊ってるし、歌ってる。いやー楽しい。去年よりもぜんぜん盛り上がってる。最前列でタイジの歌を聴けてほんと最高な土曜日になった。

● Set List:
M-01. サザエさん
M-02. 踊らなソンソン
M-03. Purple Rain
M-04. もう一度世界を変えるのさ
M-05. ありったけの愛
- Tour Title:佐藤タイジ@第15回 桜新町ねぶたまつり
- Date:2018.9.8.(Sat)
- Place:Zepp 桜新町商店街

cf. Theatre Brook・佐藤タイジ Live List
- 1996.06.09 サタデーナイトR&Rショウ at 日比谷野外音楽堂
- 2010.08.08 Rock In Japan Fes.2010 at 国営ひたち海浜公園
- 2016.12.17 佐藤タイジ x シュガー吉永 at 桜新町NEIGHBOR
- 2017.09.09 佐藤タイジ at 第14回 桜新町ねぶたまつり
- 2018.09.08 佐藤タイジ at 第15回 桜新町ねぶたまつり

Dsc08326

Dsc08327

Dsc08328

Dsc08330

Dsc08331

Dsc08332

Dsc08337

Dsc08358

Dsc08356

Dsc08353

 その後は、大混雑の人混みの中をサザエさん通りを歩いたり、山車をみたり、ハネトをみたり.、広島焼きや焼鳥やから揚げを食べたり..。しっかし、毎年ねぶたを迎えると秋が始った気がします。

cf. 桜新町ねぶたまつり List
- 2010 第7回 桜新町ねぶたまつり
- 2011 第8回 桜新町ねぶたまつり
- 2012 第9回 桜新町ねぶたまつり
- 2013 第10回 桜新町ねぶたまつり
- 2014 第11回 桜新町ねぶたまつり
- 2015 第12回 桜新町ねぶたまつり
- 2016 第13回 桜新町ねぶたまつり
- 2017 第14回 桜新町ねぶたまつり
- 2018 第15回 桜新町ねぶたまつり

41163387_527081681068110_3381267787

| | TrackBack (0)

Monday, August 20, 2018

T-Shirts #83 -RIJF2018 Official Tee-

Dsc07737

Dsc07738

 この夏、今年2018年で連続参戦16回目となった"Rock In Japan Fes.2018"。で、RIJF2018 Official Goodsの中から「Tシャツ 花火」を購入した。翼のゲート近くのGoodsブースがすいていたので、これを選択。黒Teeは苦手だけど、着こんでいくうちにいい感じで褪せていきそう。この夏のFes.の思い出に。

| | TrackBack (0)

Wednesday, August 08, 2018

Rock In Japan Fes.2018

Dsc07565

 今年2018年も茨城県・国営ひたち海浜公園で行われている"Rock In Japan Fes.2018"。2003年のRIJF2003からこのRIJFに行き出して、今年でもう16回目。今年も、前半8/4・5と後半8/11・12の2週にわたって開催され、自分は昨日の2日目の8/5(土)に参戦した。ともかく16年も続いていることってほんと少ないし、やっぱり感慨深いし、簡単には止められない。では忘れないうちに参戦Reportを書いてみます。

Dsc07471

 今回は新宿から出るツアーバスで行くことに。6時前に到着し、そのまま出発したバスは途中休憩をはさみ、8時ごろにはひたちなかの翼のゲートに到着。大混雑の中、15分ほど並んでから、会場入り。ここから観るLake Stageに、今年もやってきたという気持ちになる。とりあえず、10時半のyonigeまで時間はたっぷり。

Dsc07737

Dsc07479

Dsc07478

Dsc07480

 まだOfficial Goods売り場も空いていたんで、せっかくなんでFes.Tを買う。つや消し黒に花火のイラスト。そのまま、森のキッチンへ行き、いただいたのは「熟成牛 夢は正夢」の「夢正牛の牛すじ煮込み丼」。そんなにタレがかかってないぶん、肉の味がよくて、キャベツご飯に合う。そのままぼーっとしたり、本読んだり。いい時間です。

Img_20180805_100726_479

Dsc07487

Dsc07485

 10時になったので、そろそろLake Stageに向かう。Lake Stageの裏側をみたりして、まずはyonigeのリハを聴きながら、Lake Stageとカンパイ。

Dsc07495

 で、rockin'on編集長の山崎洋一郎がStageにあがり、朝礼が始まった。勝田駅にあのrockモニュメントが永遠に設置されたことが報告される。まさにこのフェスが地元に根付いた証拠だと思う。ほんと微笑ましい。

1) 10:30(Lake Stage)~yonige

Dsc07500

Dsc07498

Dsc07499

Dsc07496

 いろんなFes.とかの映像を観てて、気になってたガールズバンドのyonige。女性2人でサポートドラマーがはいってる。曲はHardだったりタメが効いてたり、いい意味でジワジワとしみてくる。Vocalの牛丸ありさの声は乾いてるし、やっぱりよかった。で、MCは特にBassのごっきんは大阪弁と勢いで盛り上げてた。寝屋川市出身のyonige、いいBandに出会えた。

● Set List
M-01. 最愛の恋人たち
M-02. リボルバー
M-03. our time city
M-04. センチメンタルシスター
M-05. ワンルーム
M-06. アボカド
M-07. 沙希
M-08. 悲しみはいつもの中
M-09. さよならプリズナー

cf. yonoge Live List
- 2018.08.05 Rock In Japan Fes.2018 at 国営ひたち海浜公園

Dsc07504

Dsc07507

Dsc07509

 そして、Grass Stageに向かおうとしたんだけど、Park Stageの前あたりで大渋滞。すでに気温も高く、汗まみれのTシャツが密着する。で、渋滞を抜けて、Grass Stageへ。途中に放水ではなく、放かき氷してた。めちゃめちゃ気持ちいい。

Dsc07510

Dsc07513

 で、Grass Stageの一番奥まで行って、ポカリの大行列に並ぶ。隣のバドはガラガラ。もう酒が飲めないほど、気温が高い。ともかく、ポカリでGrass Stageとカンパイ。

2) 11:45(Grass Stage)~My Hair is Bad

Dsc07518_2

Dsc07520_2

Dsc07523_2

 去年のRIJF2017でなんとなく見逃してしまったMy Hair is Bad。新潟上越出身の3ピース。2枚のAlbum「woman's」と「mothers」を聴き込んでいたので、知ってる曲ばかり。Grassのステージに上がったことを喜んでるけど、そんな変わらずにやってきた自分たちをそのまま観てほしいという思いをVocalの椎木は言ってたけど、椎木のMCというか弾き語りというか、ほんと熱く語ってた。元彼女のこと、野球をやってたこと、いなくなった人のこと、やめたら試合終了、ほんと思いがとまらない。で、3人の演奏もやたら熱い。ほっと凄いステージをみせてもらった。

● Set List
M-01. アフターアワー
M-02. 熱狂を終え
M-03. 接吻とフレンド
M-04. ドラマみたいだ
M-05. 真赤
M-06. 告白
M-07. クリサンセマム
M-08. 元彼氏として
M-09. フロムナウオン
M-010. いつか結婚しても
M-011. 夏が過ぎてく

cf. My Hair is Bad Live List
- 2018.08.05 Rock In Japan Fes.2018 at 国営ひたち海浜公園

Dsc07526

Dsc07528

Dsc07524

Dsc07530

Dsc07534

Dsc07525

 で、お腹もすいてきたので、みなと屋へ。ちょっと並んで、豚ドッグとハム焼をいただく。Fes.に来たらこれを食べないと。肉で塩分を取って、熱中症を乗り切ろう。

Dsc07536

Dsc07537

 イスゾーンとテントゾーンの間の道を歩きながら、Grass Stageの奥へ。ともかくポカリを買って、次はレキシだ。

3) 13:00(Grass Stage)~レキシ

Dsc07543

Dsc07539

Dsc07544

Dsc07551

Dsc07554

 CDJで観たことがあるレキシ、RIJFは初登場とのこと。この暑さの中、十二単を着たレキシが登場し、1曲目は「SHIKIBU」。チャットのコーラスが聴こえる。そして、キュッキュ、キュッキュしようと「KMTR645」。いやー楽しい。
途中、MCはこの後に出るユーミンをいじったり、サザンをいじったり。「春よ、来い」「リフレインが叫んでる」、「勝手にシンドバッド」と、歌詞をいじった曲が入る。そして、ちっちゃい米俵もって「年貢 for you」、ゲゲゲの鬼太郎のClosing Tuneから新曲の「GET A NOTE」、みんなの稲穂がGrass Stageで揺れていた「狩りから稲作へ」、そして暑すぎる夏の太陽を浴びながらラストは「きらきら武士」。汗だくだけど、いやーほんと楽しかった。

● Set List
M-01. SHIKIBU
M-02. KMTR645
M-03. 年貢 for you
M-04. GET A NOTE
M-05. 狩りから稲作へ
M-06. きらきら武士

cf. レキシ Live List
- 2015.12.28. COUNTDOWN JAPAN 15/16 at 幕張メッセ
- 2016.12.29. COUNTDOWN JAPAN 16/17 at 幕張メッセ
- 2018.08.05 Rock In Japan Fes.2018 at 国営ひたち海浜公園

 ここで、会社の後輩のKcくんとKswくんに再会。バドでカンパイ。特にKcさんはスイスに赴任中で、ひさしぶりだった。会えてよかった。

4) 14:15(Grass Stage)~Dragon Ash

Dsc07563

Dsc07565_2

Dsc07572

 本日4発目は1年ぶりのDragon Ash。GrassのPAテント横のほぼ正面で観ることに。いきなりKjはキャップのみの上半身裸で登場。相変わらずのかっこよさ。で、1曲目は「Mix it Up」。すでにMoshゾーンは凄いことになっている。で、おだやかな「光りの街」、爽快なRock Tuneの「Velvet Touch」、会場にシンガロングが起きた「Life goes on」に続き、あのhideのカバーで「ROCKET DIVE」が投下される。めちゃめちゃかっこいい。で、このあたりでちょっと気分が悪くなったので、木陰のところにさがって座りながら観る。風が流れてて、熱いDAの音がじっくりきけてた。

● Set List
M-01. Mix it Up
M-02. Headbang
M-03. 光りの街
M-04. Velvet Touch
M-05. Life goes on
M-06. ROCKET DIVE
M-07. The Live
M-08. Jump
M-09. Fantasista

cf. Dragon Ash Live List
- 2003.08.03 Rock In Japan Fes.2003 at 国営ひたち海浜公園
- 2004.08.07 Rock In Japan Fes.2004 at 国営ひたち海浜公園
- 2005.08.05 Rock In Japan Fes.2005 at 国営ひたち海浜公園
- 2006.08.26 THE 夢人島 Fes.2006 at 浜名湖ガーデンパーク
- 2008.06.29 湘南音祭 Vol.2 at 江の島・湘南港 特設野外ステージ
- 2009.08.01 Rock In Japan Fes.2009 at 国営ひたち海浜公園
- 2010.08.08 Rock In Japan Fes.2010 at 国営ひたち海浜公園
- 2012.08.03 Rock In Japan Fes.2012 at 国営ひたち海浜公園
- 2013.08.04 Rock In Japan Fes.2013 at 国営ひたち海浜公園
- 2013.12.30 COUNTDOWN JAPAN 13/14 at 幕張メッセ
- 2016.08.06 Rock In Japan Fes.2016 at 国営ひたち海浜公園
- 2017.08.05 Rock In Japan Fes.2017 at 国営ひたち海浜公園
- 2018.08.05 Rock In Japan Fes.2018 at 国営ひたち海浜公園

 次のホルモンに向けて、体調を戻すべく、水を頭からあびまくり、たくさん飲んで、木陰でじっくり休む。熱々で濡れた体をを風がさましてくれる。いやー気持ちいい。調子が戻ってきたので、ホルモンだ。

5) 15:30(Grass Stage)~マキシマム ザ ホルモン

Dsc07575

Dsc07584

Dsc07585

Dsc07589

Dsc07592

Dsc07593

 いつものSEが流れ、4人がStageに上がり、「恋のメガラバ」でLiveがStart。後ろから前に走る客、巨大なサークルモッシュですでにグチャグチャな状況に。BGVで結構過激な映像が流れ、今年もWOWOWでの放送はないなと思う。そして同じ八王子出身のユーミンがこのあとGrassに出演することもあって、"恋の八王子"愛のMCの中、そのままファンモンの「ちっぽけな勇気」からの「小さな君の手」へ。「ファンキー加糖」改め「ファンキー葛藤」と共に、Grassの数万人がタオルを回すというホルモンのLiveではありえない光景が広がっていた。しっかしファンキー加藤ネタを続け、「あの件含め風化させないぞ」というナヲのMCが最高だった。そしてカオスな「maximum the hormone」で、みんなが手を合わせ拝んでた。しっかし、今回のMCは、八王子ネタでほんと暴走気味。ユーミンの
実家"荒井呉服店"や、大御所 北島三郎の自宅写真に、ファンモンをオチで使うという暴挙のオンパレードだった。で、Liveのほうも「「F」」に、上ちゃんのBassが最高な「便所サンダルダンス」、BGVもシュールな青春モノの「中2 ザ ビーム」へ。途中、上ちゃんの機材トラブルを乗り越え、鳥肌が立った「ロッキンポ殺し」に、「チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ」。もう時間がオシオシの状況で、麺カタコッテリの儀を経て、最後は「恋のスペルマ」。みんなでおちゃめなスペルマダンスし、巨大サークルモッシュで盛りあがった。
 ちなみに会場の温度計はなんと43.5度を記録し、灼熱と砂ぼこりの中、滝アセかいたホルモンのLiveだった。

● Set List
M-01. 恋のメガラバ
M-02. 小さな君の手
M-03. maximum the hormone
M-04.「F」
M-05. 便所サンダルダンス
M-06. 中2 ザ ビーム
M-07. ロッキンポ殺し
M-08. チューチュー ラブリー ムニムニ ムラムラ プリンプリン ボロン ヌルル レロレロ
M-09. 恋のスペルマ

cf. マキシマム ザ ホルモン Live List
- 2007.08.05 Rock In Japan Fes.2007 at 国営ひたち海浜公園
- 2007.10.17 「ぶっ生き返すツアー」追加蘇生公演 at 新木場STUDIO COAST
- 2008.06.29 湘南音祭 Vol.2 at 江の島・湘南港 特設野外ステージ
- 2008.08.02 Rock In Japan Fes.2008 at 国営ひたち海浜公園
- 2008.10.16 "爪爪爪"TOUR at Zepp Tokyo
- 2009.08.02 Rock In Japan Fes.2009 at 国営ひたち海浜公園
- 2010.12.30 COUNTDOWN JAPAN 1011 at 幕張メッセ
- 2011.08.14 SUMMER SONIC 2011 at QVCマリンフィールド
- 2011.12.30 COUNTDOWN JAPAN 1112 at 幕張メッセ
- 2012.08.03 Rock In Japan Fes.2012 at 国営ひたち海浜公園
- 2013.12.03 予襲復讐TOUR at 新木場STUDIO COAST
- 2014.04.12.マキシマム ザ ホルモンの東北こども応援大作戦 at 南大沢中郷公園
- 2014.12.29 COUNTDOWN JAPAN 14/15 at 幕張メッセ
- 2017.08.05 Rock In Japan Fes.2017 at 国営ひたち海浜公園
- 2017.12.14 Hi-STANDARD THE GIFT TOUR 2017 at さいたまスーパーアリーナ
- 2017.12.29 COUNTDOWN JAPAN 17/18 at 幕張メッセ
- 2018.08.05 Rock In Japan Fes.2018 at 国営ひたち海浜公園

Dsc07594

Dsc07595

Dsc07597

Dsc07598

 ボロボロに疲れたホルモン後、公園の水を頭から浴び、水を飲みまくってから、ハングリーフィールドでちょっと休憩。たいぶが陽も落ちてきて、やっと落ち着いてきた感じ。さ、なにげに楽しみにしていたユーミンだ。

6) 16:45(Grass Stage)~松任谷由実

Img_20180805_202413_270

Dsc07622

Dsc07625

Dsc07629

 たいぶ陽が落ちてきたGrass Stage、マグネシウムの爆発し、ユーミンがStageに上がった。思いっきり足をだして、結構なインパクト。そのまま「Sign of the Time」。やっぱり音がいい。で、「こんにちは、清水ミチコです。フェス・ヴァージンです。」という最初のMCで始まった。でも、実はCDJ1910でのくるりのStageで一緒に「シャツを洗えば」をユーミンを観たことある。ま、ソロという意味ではヴァージンだ。で、ここからは知ってる今日のオンパレードでほんと大判ぶるまい。ジワっと優しい「Hello, my friend」、実はEP盤を買った気がする「守ってあげたい」、これも泣けてくる「やさしさに包まれたなら」。そして、高校生の時聴きまくったAlbum「PEARL PIERCE」から「夕涼み」。ほんとこの曲好きだったし、まさか夕方のひたちなかで聞けるなんて、ほんと嬉しかった。そしてデビュー曲の「ひこうき雲」に、カリビアンテイストで特効の炎が上がりまくる中で「真夏の夜の夢」。いやーちゃんと踊ってるし、客を煽ってる。途中、「あなたたちのお母さん、お父さんを盛り上げた曲を作ってきたの。私がいなかったら、あなたたちはいなかったかもしれないのよ。」といった話は笑ったし、メンバー紹介で古くからの林立夫(ドラム)、鈴木茂(ギター)、武部聡志(ピアノ)との思い出を語り、夫・松任谷正隆(キーボード)とのことをにかみながら話していた。ほんと微笑ましい。で、時間がオシオシの中、イントロと桜のBGVが美しかった「春よ、来い」、そしてオーラスはあの「卒業写真」。マジで鳥肌がたった。いやーいい時間だった。

● Set List
M-01. Sign of the Time
M-02. Hello, my friend
M-03. 守ってあげたい
M-04. やさしさに包まれたなら
M-05. 夕涼み
M-06. ひこうき雲
M-07. 真夏の夜の夢
M-08. 春よ、来い
M-09. 卒業写真

cf. 松任谷由実 Live List
- 1990.06.28 「LOVE WARS」コンサートツアー at 日本武道館
- 1991.04.04 「天国のドア」コンサートツアー at 国立代々木競技場第一体育館
- 1994.06.22 「U-live」コンサートツアー at 国立代々木競技場第一体育館
- 1999.08.09 「FROZEN ROSES」コンサートツアー at 横浜アリーナ
- 2000.08.07 「SURF&SNOW in 逗子マリーナ」コンサートVol.15 at 逗子マリーナ
- 2018.08.05 Rock In Japan Fes.2018 at 国営ひたち海浜公園

Dsc07630

Dsc07633

Dsc07634

Dsc07637

Dsc07640

 ユーミンの余韻にしたりながら、茶屋ヴィレッジのほうを歩き、そのままGrassの芝生で休憩。だいぶ涼しくなって、夕陽をながめて、よごれたスニーカーをみる。今年のFes.ももうすぐ終わり。さ、トリはアジカンだ。

7) 18:00(Grass Stage)~ASIAN KUNG-FU GENERATION

Dsc07641

Dsc07648

Dsc07659

Dsc07673

Dsc07696

Img_20180805_202413_278

 暑かった1日も終わりが近づき、今日のオーラスはひさびさのアジカン。夕陽が落ちたStageにメンバーが登場し、1曲目はあのOasisのCoverで「Columbia」。ゴッチも嬉しそう。今年からGrass StageのトリとなったBandについては、演奏時間が90分に拡大され、いつもアジカン鉄板な盛り上げセトリとは違う。「センスレス」、「スタンダード」、「ブルートレイン」、「サイレン」、「無限グライダー」といったどこかMidium Tuneだったり、テクニカルで深遠な曲だったり、「ソラニン」や「君の街まで」、「マーチングバンド」といったPopな曲であったりと、いつもよりもバラエティに富んでいる。で、後半は「Re:Re:」、「リライト」、「Easter / 復活祭」が立て続けに演奏され、イッキに演奏される。で、アンコールはあの「君という花」。この四つ打ちの名曲、やっぱりこれぞアジカンだと思う。みんなで♪ラッセー、ラッセー♪して、フィナーレを迎えた。
 それにしても短パンでStageに上がったことをずっと気にしていたゴッチ、そこかよ。

● Set List
M-01. Columbia (Oasis Cover)
M-02. センスレス
M-03. スタンダード
M-04. ソラニン
M-05. ブルートレイン
M-06. 君の街まで
M-07. サイレン
M-08. 無限グライダー
M-09. ノーネーム
M-10. マーチングバンド
M-11. 生者のマーチ
M-12. Re:Re:
M-13. リライト
M-14. Easter / 復活祭
M-15. 荒野を歩け
M-16. 今を生きて
EN-1. 君という花

cf. ASIAN KUNG-FU GENERATION Live List
- 2004.08.07 Rock In Japan Fes.2004 at 国営ひたち海浜公園
- 2004.12.05 Tour 酔杯 2004~No! Member,November at 日本武道館
- 2005.08.07 Rock In Japan Fes.2005 at 国営ひたち海浜公園
- 2006.05.11 Tour2006 "count 4 my 8 beat" at Shibuya-AX
- 2006.12.09 Tour 酔杯 2006-2007 "The Start Of A New Season" at Yokohama Arena
- 2007.08.04 Rock In Japan Fes.2007 at 国営ひたち海浜公園
- 2008.05.29 Tour2008 "ワールド ワールド ワールド" at Shibuya-AX
- 2008.12.12 Tour 酔杯 2008~THE FINAL~ at 日本武道館
- 2009.08.01 Rock In Japan Fes.2009 at 国営ひたち海浜公園
- 2011.08.05 Rock In Japan Fes.2011 at 国営ひたち海浜公園
- 2012.02.22 ASIAN KUNG-FU GENERATION「BEST HIT AKG」at 日本武道館
- 2012.12.28 COUNTDOWN JAPAN 12/13 at 幕張メッセ
- 2014.08.09 Rock In Japan Fes.2014 at 国営ひたち海浜公園
- 2015.11.28 NO NUKES 2015 at 豊洲PIT
- 2015.12.28. COUNTDOWN JAPAN 15/16 at 幕張メッセ
- 2018.08.05 Rock In Japan Fes.2018 at 国営ひたち海浜公園

Dsc07699

Dsc07703

Dsc07706

Dsc07711

Dsc07721

Dsc07728

 そして今年初めての花火。音もいいし、香りもいいし、なんとも言えず気持ちいい瞬間。で、そのままバスに乗って新宿へ向かった。やっぱりFes.はいい。また来年、よろしくお願いします。

cf. Rock In Japan Fes./COUNTDOWN JAPAN List
- Rock In Japan Fes.2003
- Rock In Japan Fes.2004
- Rock In Japan Fes.2005
- Rock In Japan Fes.2006
- Rock In Japan Fes.2007
- Rock In Japan Fes.2008
- Rock In Japan Fes.2009
- Rock In Japan Fes.2010
- Rock In Japan Fes.2011
- Rock In Japan Fes.2012
- Rock In Japan Fes.2013
- Rock In Japan Fes.2014
- Rock In Japan Fes.2015
- Rock In Japan Fes.2016
- Rock In Japan Fes.2017
- Rock In Japan Fes.2018
- COUNTDOWN JAPAN 06/07
- COUNTDOWN JAPAN 07/08
- COUNTDOWN JAPAN 08/09
- COUNTDOWN JAPAN 09/10
- COUNTDOWN JAPAN 10/11
- COUNTDOWN JAPAN 11/12
- COUNTDOWN JAPAN 12/13
- COUNTDOWN JAPAN 13/14
- COUNTDOWN JAPAN 14/15
- COUNTDOWN JAPAN 15/16
- COUNTDOWN JAPAN 16/17
- COUNTDOWN JAPAN 17/18

| | TrackBack (0)

Friday, June 01, 2018

「桑田佳祐 LIVE TOUR 2017『がらくた』」(WOWOW)を観た #2

Keisukekuwata_domewowow2

 去年2017年でソロ活動30年を迎えた桑田佳祐。5th New Album「がらくた」をひっさげて全国アリーナ&5大ドームツアー「桑田佳祐 LIVE TOUR 2017『がらくた』」が行われた。で、せっかくなんでふたたびWOWOW再放送も観てみた。
 このツアー、自分は11/11(土)東京ドーム初日に参戦できたんだけど、この放送では東京ドーム公演の2日目と大阪公演の模様が放送されていた。
 舞台演出とダンサー達など大がかりな一大エンタテインメントなこのLive、特によかった曲は、枯れた感がいい「しゃアない節」サビの手拍子がいい「男達の挽歌(エレジー)」、昭和な歌謡メロディーの「愛のささくれ~Nobody loves me」、これも昭和な「大河の一滴」、重めの音圧の「サイテーのワル」、昔から好きな「Dear Boys」、聴けば聴くほど好きになる「東京」、あっけらかんとした替え歌の「恋人も濡れる街角」、猥雑さがいい昭和歌謡「Yin Yang イヤン」、配られたリストバンドが光ってテンションがあがった「君への手紙」、会場大合唱「若い広場」、内田裕也でShakin'「過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)」、この曲の一体感がいい「オアシスと果樹園」、このイントロだけで気持ちいい「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」、ドPopな鉄板Tune「波乗りジョニー」、無国籍で混沌のMixture「ヨシ子さん」、Kuwata Bandの猥雑な名曲「スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)」、東北に捧げられた「明日へのマーチ」、日本の冬にかかせない「白い恋人達」、酔っぱらって歌いたい「祭りのあと」あたり。
 いよいよサザンが動き出した。楽しみな1年になる。

● On AirSet List:桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」(WOWOW)
M-01. しゃアない節
M-02. 男達の挽歌(エレジー)
M-03. MY LITTLE HOMETOWN
M-04. 愛のプレリュード
M-05. 愛のささくれ~Nobody loves me
M-06. 大河の一滴
M-07. 簪 / かんざし
M-08. 百万本の赤い薔薇
M-09. あなたの夢を見ています
M-10. サイテーのワル
M-11. 古の風吹く杜
M-12. 悲しみよこんにちは
M-13. Dear Boys
M-14. 東京
M-15. 恋人も濡れる街角
M-16. Yin Yang イヤン
M-17. 君への手紙
M-18. 若い広場
M-19. ほととぎす [杜鵑草]
M-20. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)
M-21. オアシスと果樹園
M-22. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
M-23. 波乗りジョニー
M-24. ヨシ子さん
=Encore=
M-25. スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)
M-26. 明日へのマーチ
M-27. 白い恋人達
M-28. 祭りのあと
M-29. 明日晴れるかな
* Produced by WOWOW in association with Amuse.

M-01. 愛のささくれ~Nobody loves me(2017.8.6 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017,2017.7.10-11 Billboard Live Tokyo)
M-02. 若い広場 (PV)

| | TrackBack (0)

Thursday, March 29, 2018

「COUNTDOWN JAPAN 17/18」(WOWOW)を観た

Cdj1718_wowow

 去年2017年の年末も幕張メッセで行われた"COUNTDOWN JAPAN 17/18"。今回も12/28(木)から12/31(日)の4日間にわたって開催され、自分は2日目の12/29(金)に参戦した。今年で12年連続(!!)で参戦12回目となった年末恒例の風物詩だけど、この2月にWOWOWで15.5時間(!)も放送された。しっかりとダラダラとたっぷり楽しみました。
 ともかくひっかかったArtistについて。
・欅坂46:なんだか釘付けになってしまうStage。
・androp:Creepy NutsのPop感とandropの高揚感がベストマッチ。
・amazarashi:インパクト大な独特なStage。
・KEYTALK:このリフとMelody Lineはクセになる。
・SILENT SIREN:演奏力は高いし、この曲のPopさはたまらない。
・SHANK:3pieceのエモはやっぱりいい。
・ROTTENGRAFFTY:Midium TuneからのLove Song。
・Gotch & The Good New Times:自由に歌ってるゴッチ。
・KICK THE CAN CREW:「アンバランス」の切なさがいい。
・さユり:この人の声と歌詞とMelodyはいつもひっかかる。
・PUNPEE:やたら気持ちいい。
・スガシカオ:変わらないFunkness。
・WANIMA:身近で手作りなBandが大きくなってどこか寂しい。それでも「ともに」でフロアに灯ったスマホの灯りが美しすぎる。
・藤原さくら:寂寥感あるアコギのMelody、この「Cigarette butts」はかっこいい。
・sumika:どこかBlackなMelody Line。これはツボ。
・ASIAN KUNG-FU GENERATION:アジカンの楽曲の幅が広まった「サイレン」、アレンジの幅が深まった最新型の「Re:Re:」。
・エレファントカシマシ:初期の荒っぽさの「ファイティングマン」、4年前に力をもらった「今宵の月のように」。
・グループ魂:「もうすっかりNO FUTURE!」、この歌詞はしみる。
・ポルカドットスティングレイ:結構音がHard。
・GOOD4NOTHING:変わらないMelodic Punk。
・BRADIO:Disco Tuneがたまらない。マジでLive観たい。
・きゃりーぱみゅぱみゅ:「原宿いやほい」のMelody Lineは切ない。
・ASH DA HERO:勢いがあって、次にきそう。
・Awesome City Club:広大さが伝わったMelody Line。
・東京スカパラダイスオーケストラ:谷中とTAKUMAのTwin Vocalで「Samurai Dreamers <サビレルナ和ヨ>」、どこかLatin Tasteの「白と黒のモントゥーノ」。
・Fear, and Loathing in Las Vegas:Digital BeatとDeath Voice。
・go!go!vanillas:IrishなRock'n Roll。
・NUBO:HardでEdgeの効いたRock Tune。
・MOSHIMO:Female Popの気持ちよさ。
・Mrs.GREEN APPLE:Keyboardで煽るMelody Lineがいい。しっかしEarthが満タンで音源が聴きたくなった。
・竹原ピストル:あの日、ホルモンとかぶっててあきらめた竹原ピストル。ほんと観たかった。
・SCANDAL:こんなデカいBandになるとは思わなかった。
・the HIATUS:あの日、このEarth Stageにいたけど、ほんと音圧が凄かった。そして細美のShoutが響いてた「Insomnia」。
・Shout it Out:Vocalの声質も、Bandとしても佇まいもいい。
・岡崎体育:異物感のままここまで来るとは。
・10-FEET:スカパラ入りで音の厚さが凄かった「hammer ska」、歌詞がしみるMidium Tuneの「太陽4号」、フロアにタオルが舞った「CHERRY BLOSSOM」。Earth Stageにいれてほんとよかった。
・ゲスの極み乙女。:変わらない曲の良さ。しっかし「キラーボール」は名曲だ。
・9mm Parabellum Bullet:変わらないSolidさ。
・Creepy Nuts:ここ最近気になってる。
・never young beach:Melodyは好きなんだけど、どうもVocalが...。
・Nulbarich:MellowなMelody Line。個人的に注目中。
・THE BACK HORN:変わらない男臭い熱血ぶり。
・Yogee New Waves:Melodyは好きなんだけど、どうもVocalが...。
・きのこ帝国:この「東京」は何回聴いてもいい。
・Dizzy Sunfist:迫力あるFemale Punk。観るたびに勢いを感じる。
・め組:歌謡曲っぽさが嫌いじゃない。
・おいしくるメロンパン:Melodyの凹凸さがいい。
・indigo la End:寂しげで切ない美メロ。
・THE BAWDIES:Rock'n Rollの楽しさ。
・雨のパレード:Vocalテクもあるし、幻想的なMelodyもいい。気になりだした。
・MAN WITH A MISSION:満タンのMelody Line、Stringsも入っていつも以上に音が厚い。しっかし「FLY AGAIN」の盛り上がりはハンパない。
・DAOKO:米津玄師のVersionよりこっちのほうがいい。
・夜の本気ダンス:TightなDance Rock。
・back number:人気もあるし人望もあるけど、Rockじゃなくてどーもダメ。
・クリープハイプ:Popだけど、クリープハイプらしい混沌さ。
・Nothing's Carved In Stone:分厚い音のDigital Dance Beat。
・yonige:ここ数か月、ずっと気になってる。
・麗蘭:CHABOも蘭丸も渋い。
・キュウソネコカミ:この「ビビった」でハマったキュウソ。破壊力は衰えていない。
・MONOEYES:Positiveでシンガロング。
・G-FREAK FACTORY:おっさんの説教なんだけど、ひっかかる。
・MY FIRST STORY:今キテルRock Band。ひっかかってる。
・ACIDMAN:この「造花が笑う」、久々に聴いたけど、相変わらず激しい。
・175R:「空に唄えば」、なんだかんだで名曲。
・04 Limited Sazabys:Earth Stageまで登りつめた。
・感覚ピエロ:Dancerがエロい。
・BLUE ENCOUNT:ブルエンもEarth。世代交代のCDJ1718。
・ストレイテナー:懐かしのEdgeの効いたRock Tune。秋の駒大学園祭でテナーのLiveが観れてよかった。
・teto:この曲「36.4」のChorus Workはツボ。
・シシド・カフカ:あんだけ激しく叩いてる中、ちゃんと歌えるのはいつも凄いと思う。
・ENTH:好きなTypeの3pieceエモバンド。
・GLIM SPANKY:Psycheで幻想的。
・HEY-SMITH:性急だしどこか哀愁漂うSka Punk。
・サンボマスター:この「できっこないを やらなくちゃ」は聴けば聴くほどしみてくる。
・ヤバイTシャツ屋さん:Galaxy StageのCountdownを任されるまでになったヤバT。スカスカそうだけどそろそろ音源を聴こう。
・[Alexandros]:Guitarのイントロで鳥肌が立つ「Starrrrrrr」、歌詞もMelodyもアレキらしい美メロで途中挟まれたCountdownがよかった「明日、また」とHeavyとChaosの「Kaiju」。
・The Mirraz:DancableなRock Tune。
・Xmas Eileen:不可解な3MCのMixture。
・SWANKY DANK:Twin Vocalのメロコアで、シンガロングしたら気持ちよさそう。
・FLOWER FLOWER:YUIの声って結構好み。
・打首獄門同好会:日常思ってることをたんにHardcoreにのせる。マジでLiveに行きたい。
・氣志團:CDJ1718のオーラス。しっかしこの「One Night Carnival」で伝説が始まった。

 そろそろ3月で、そろそろ夏Fes.も情報もあがり出した今日この頃。きっと8月にひたちなかに行くと思う。

● On Air Set List:COUNTDOWN JAPAN 17/18(WOWOW)
=DAY-1=
M-01. 風に吹かれても/欅坂46
M-02. 避雷針/欅坂46
M-03. SOS! feat. Creepy Nuts/androp
M-04. フィロソフィー/amazarashi
M-05. NIGHT TOWN/フレンズ
M-06. sister's noise/fripSide
M-07. Love me/KEYTALK
M-08. MONSTER DANCE/KEYTALK
M-09. フジヤマディスコ/SILENT SIREN
M-10. Set the fire/SHANK
M-11. Starry Night/COUNTRY YARD
M-12. START/チームしゃちほこ
M-13. We are the light/miwa
M-14. 片想い/miwa
M-15.「70cm四方の窓辺」/ROTTENGRAFFTY
M-16. Double Down/SKY-HI & THE SUPER FLYERS
M-17. Taxi Driver/Gotch & The Good New Times
M-18. オールカテゴライズ/焚吐
M-19. 千%/KICK THE CAN CREW
M-20. アンバランス/KICK THE CAN CREW
M-21. だってアタシのヒーロー。/LiSA
M-22. IDOL/SPECIAL OTHERS
M-23. 生者ノ行進/CIVILIAN
M-24. Team B/Rhythmic Toy World
M-25. フルドライブ/KANA-BOON
M-26. バトンロード/KANA-BOON
M-27. 奏(かなで)/スキマスイッチ
M-28. フラレガイガール/さユり
M-29. Scenario (Film)/PUNPEE
M-30. マリオネットラヴァーズ/ 天月-あまつき-
M-31. 19才/スガシカオ
M-32. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX/私立恵比寿中学
M-33. ONE/Aimer
M-34. 世界はどこまで青空なのか?/NGT48
M-35. 反抗声明/あゆみくりかまき
M-36. Amazing Parade/Czecho No Republic
M-37. 虹/Aqua Timez
M-38. ヒューマン/WANIMA
M-39. ともに/WANIMA
M-40. N.E.O./CHAI
M-41. 好きだ。/Little Glee Monster
M-42. Cigarette butts/藤原さくら
M-43. Summer Vacation/sumika
M-44. サイレン/ASIAN KUNG-FU GENERATION
M-45. Re:Re:/ASIAN KUNG-FU GENERATION
=DAY-2=
M-01. ファイティングマン/エレファントカシマシ
M-02. 今宵の月のように/エレファントカシマシ
M-03. もうすっかりNO FUTURE!/グループ魂
M-04. シンクロニシカ/ポルカドットスティングレイ
M-05. 青写真/Ivy to Fraudulent Game
M-06. わたしをフェスに連れてって/三戸なつめ
M-07. 抱きしめてシュヴァルツ/ゴールデンボンバー
M-08. やさしくしてね/ゴールデンボンバー
M-09. HOLIDAYS/木村カエラ
M-10. It's My Paradise/GOOD4NOTHING
M-11. 解剖傑作/バンドハラスメント
M-12. スパイシーマドンナ/BRADIO
M-13. きらきらキラー/きゃりーぱみゅぱみゅ
M-14. 原宿いやほい/きゃりーぱみゅぱみゅ
M-15. TOGENKYO/フレデリック
M-16. reason/locofrank
M-17. YELLOW FEVER DANCE/ASH DA HERO
M-18. ASAYAKE/Awesome City Club
M-19. Samurai Dreamers <サビレルナ和ヨ> feat.TAKUMA(10-FEET)/東京スカパラダイスオーケストラ
M-20. 白と黒のモントゥーノ feat.斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)/東京スカパラダイスオーケストラ
M-21. Party Boys/Fear, and Loathing in Las Vegas
M-22. おはようカルチャー/go!go!vanillas
M-23. Asobi/ZAZEN BOYS
M-24. ハイデ/MUCC
M-25. インソムニア/NUBO
M-26. 絶対的/ヒトリエ
M-27. ラブストーリー/the shes gone
M-28. ROBOT-PAPICO5014/ドアノブロック
M-29. ドロミズ/THE LITTLE BLACK
M-30. 大器晩成/アンジュルム
M-31. 命短し恋せよ乙女/MOSHIMO
M-32. TOKYO BLACK HOLE/大森靖子
M-33. WHOO WHOO WHOO/Mrs.GREEN APPLE
M-34. Amazing Grace/竹原ピストル
M-35. LISTEN TO THE MUSIC/Shiggy Jr.
M-36. TOMORROW NEVER DIES/the GazettE
M-37. LOVE SURVIVE/SCANDAL
M-38. Thirst/the HIATUS
M-39. Insomnia/the HIATUS
M-40. FLASH BACK/CAPSULE
M-41. 青春のすべて/Shout it Out
M-42. 忘れらんねえよ/忘れらんねえよ
M-43. Open/岡崎体育
M-44. FRIENDS/岡崎体育
M-45. hammer ska feat.東京スカパラダイスオーケストラ/10-FEET
M-46. 太陽4号/10-FEET
M-47. CHERRY BLOSSOM/10-FEET
=DAY-3=
M-01. キラーボール/ゲスの極み乙女。
M-02. 星降る夜に花束を/ゲスの極み乙女。
M-03. Punishment/9mm Parabellum Bullet
M-04. 合法的トビ方ノススメ/Creepy Nuts
M-05. Freedom/SHE'S
M-06. YAMABIKO/NakamuraEmi
M-07. 天地ガエシ/NICO Touches the Walls
M-08. Funny Side Up!/NICO Touches the Walls
M-09. Place to Try/TOTALFAT
M-10. あまり行かない喫茶店で/never young beach
M-11. Follow Me/Nulbarich
M-12. Deal with/OLDCODEX
M-13. トナリアウ/THE ORAL CIGARETTES
M-14. 起死回生STORY/THE ORAL CIGARETTES
M-15. 声/THE BACK HORN
M-16. Here Comes A Miracle/dustbox
M-17. Good Bye/Yogee New Waves
M-18. 東京/きのこ帝国
M-19. 居場所/KREVA
M-20. Na Na Na/KREVA
M-21. CRYSTAL CLEAR/BIGMAMA
M-22. 90'S TOKYO BOYS/OKAMOTO'S
M-23. 花と詩人/LAMP IN TERREN
M-24. SHOOTING STAR/Dizzy Sunfist
M-25. 悪魔の証明/め組
M-26. フカンショウ/パノラマパナマタウン
M-27. あの秋とスクールデイズ/おいしくるメロンパン
M-28. インディゴラブストーリー/indigo la End
M-29. Stairway Generation/Base Ball Bear
M-30. HOT DOG/THE BAWDIES
M-31. 夜を越えて/ホフディラン
M-32. Shoes/雨のパレード
M-33. さすらい/アルカラ
M-34. カンヌの休日/フジファブリック
M-35. Raise your flag/MAN WITH A MISSION
M-36. FLY AGAIN/MAN WITH A MISSION
M-37. 打上花火/DAOKO
M-38. Omega/Crystal Lake
M-39. ストーカーの唄 ~3丁目、貴方の家~/阿部真央
M-40. SHINY/夜の本気ダンス
M-41. TAKE MY HAND/夜の本気ダンス
M-42. SISTER/back number
M-43. 003/back number
M-44. ハッピー/back number
=DAY-4=
M-01. イト/クリープハイプ
M-02. Like a Shooting Star/Nothing's Carved In Stone
M-03. さよならアイデンティティー/yonige
M-04. GIBSON (CHABO'S BLUES)/麗蘭
M-05. パブリック/Bentham
M-06. メンヘラちゃん/キュウソネコカミ
M-07. ビビった/キュウソネコカミ
M-08. グラニート/MONOEYES
M-09. Too oLD To KNoW/G-FREAK FACTORY
M-10. トーキョーダイブ/東京カランコロン
M-11. ALONE/MY FIRST STORY
M-12. M-Zero Gravity/MY FIRST STORY
M-13. 造花が笑う/ACIDMAN
M-14. 空に唄えば/175R
M-15. ヘアカラー/宇宙まお
M-16. ハロー張りネズミのテーマ/SOIL&"PIMP"SESSIONS
M-17. Squall/04 Limited Sazabys
M-18. monolith/04 Limited Sazabys
M-19. O・P・P・A・I/感覚ピエロ
M-20. Sea Foo/POLYSICS
M-21. Dancing in Midnight/Yap!!!
M-22. BA・BA・BA ばけ~しょん/魔法少女になり隊
M-23. いえろう/YAJICO GIRL
M-24. シネマ/パスピエ
M-25. ストーリーボード/上白石萌音
M-26. LAST HERO/BLUE ENCOUNT
M-27. もっと光を/BLUE ENCOUNT
M-28. BERSERKER TUNE/ストレイテナー
M-29. HERO/tacica
M-30. 36.4/teto
M-31. 黒歴史/ReVision of Sence
M-32. 君はロックを聴かない/あいみょん
M-33. バネのうた/シシド・カフカ
M-34. NO FATE/ENTH
M-35. いつか/Saucy Dog
M-36. THE WALL/GLIM SPANKY
M-37. Future Diver/でんぱ組.inc
M-38. Endless Sorrow/HEY-SMITH
M-39. できっこないを やらなくちゃ/サンボマスター
M-40. ロックンロール イズ ノットデッド/サンボマスター
M-41. (カウントダウン)/DJダイノジ
M-42. コミックバンドメドレー/マキタスポーツ
M-43. とんぼ/マキタスポーツ
M-44. 秘密/SUPER BEAVER
M-45. 美しい日/SUPER BEAVER
M-46. あつまれ!パーティーピーポー/ヤバイTシャツ屋さん
M-47. ヤバみ/ヤバイTシャツ屋さん
M-48. Starrrrrrr/[Alexandros]
M-49. 明日、また/[Alexandros]
M-50. Kaiju/[Alexandros]
M-51. NO NAME./電波少女
M-52. 蝉時雨/ココロオークション
M-53. マイラグジュアリーナイト/アカシック
M-54. サヨナラ絶望人生/空想委員会
M-55. check it out! check it out! check it out! check it out!/The Mirraz
M-56. また会えるよね/グッドモーニングアメリカ
M-57. Castaway/the band apart
M-58. When I/Survive Said The Prophet
M-59. LADY/Official髭男dism
M-60. Kiss me Kill me tonight/Xmas Eileen
M-61. Colors/SWANKY DANK
M-62. Slave of Love/ビッケブランカ
M-63. 月/FLOWER FLOWER
M-64. カモン諭吉/打首獄門同好会
M-65. デリケートにキスして/氣志團
M-66. One Night Carnival/氣志團
* Filmed Live at Makuhari Messe,28th December 2017-1st January 2018.
* Produced by WOWOW in associated with Visual Signs,MU PROJECT,CROMANYON.

| | TrackBack (0)

Friday, January 19, 2018

「桑田佳祐 LIVE TOUR 2017『がらくた』」(WOWOW)を観た

Keisukekuwata_garakutalivewowow

 去年2017年でソロ活動30年を迎えた桑田佳祐。5th New Album「がらくた」をひっさげて全国アリーナ&5大ドームツアー「桑田佳祐 LIVE TOUR 2017『がらくた』」が行われた。そのツアーの模様がWOWOWで放送された。
 今回のツアー、自分は11/11(土)東京ドーム初日に参戦できたんだけど、今回の放送は東京ドーム公演の2日目と大阪公演の模様が放送されていた。あらためてこの映像を観て、やっぱりドームという巨大な空間をめいっぱいうまく使っていると思った。5個の巨大スクリーン、ライティング、レーザー光線、炎などの舞台演出、大人数のBandとダンサー達など大がかりな一大エンタテインメントとなっていた。
 で、特によかった曲は、あの2nd「孤独の太陽」からのOpening Tune「しゃアない節」、昭和なサスペンス風の「大河の一滴」、なつかしの父の歌「Dear Boys」、聴けば聴くほど好きになる「東京」、猥雑さがいい「Yin Yang イヤン」、酔っぱらって歌いたい「君への手紙」、こういうシンガロングもありな「若い広場」、内田裕也もどきのロックンローラー「過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)」、Live中盤の重要曲「オアシスと果樹園」、このイントロと銀のテープでテンションあがった「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」、続いて盛り上がる「波乗りジョニー」、無国籍で混沌の「ヨシ子さん」、永遠の猥雑さの「スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)」、復興ソング「明日へのマーチ」、冬の定番「白い恋人達」、カラオケで歌いたい「祭りのあと」あたり。
 今年はまたサザンをやってくれるはず。楽しみな1年になりそうだ。

● On AirSet List:桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」(WOWOW)
M-01. しゃアない節
M-02. 男達の挽歌(エレジー)
M-03. MY LITTLE HOMETOWN
M-04. 愛のプレリュード
M-05. 愛のささくれ~Nobody loves me
M-06. 大河の一滴
M-07. 簪 / かんざし
M-08. 百万本の赤い薔薇
M-09. あなたの夢を見ています
M-10. サイテーのワル
M-11. 古の風吹く杜
M-12. 悲しみよこんにちは
M-13. Dear Boys
M-14. 東京
M-15. 恋人も濡れる街角
M-16. Yin Yang イヤン
M-17. 君への手紙
M-18. 若い広場
M-19. ほととぎす [杜鵑草]
M-20. 過ぎ去りし日々 (ゴーイング・ダウン)
M-21. オアシスと果樹園
M-22. 悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
M-23. 波乗りジョニー
M-24. ヨシ子さん
=Encore=
M-25. スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)
M-26. 明日へのマーチ
M-27. 白い恋人達
M-28. 祭りのあと
M-29. 明日晴れるかな
* Produced by WOWOW in association with Amuse.

M-01. 愛のささくれ~Nobody loves me(2017.8.6 ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017,2017.7.10-11 Billboard Live Tokyo)
M-02. 若い広場 (PV)

| | TrackBack (0)

Thursday, January 11, 2018

T-Shirts #80 -CDJ17/18 Official Tee-

Dsc03773

Dsc03774

 去年2017年末、連続参戦12回目となった"COUNTDOWN JAPAN 17/18"。このCDJ17/18 Official Goodsの中から今年の干支戌年にちなんでブルドッグが描かれた"干支T ブルドッグ"を購入した。白地にPopな絵柄が気に入った。ちなみに夏のRIJF2017で利用した事前予約で買ったので並ばずに余裕で購入。実物を見ずに買うリスクはあるけど、この買い方は気に入ってる。

| | TrackBack (0)

Wednesday, January 03, 2018

2017年を振り返る●Music編●

 2017年を振り返る。映画、ラーメン、読書に続いては、最後はMusic編を書いてみます。

 去年2017年に聴いたAlbumは37枚で、去年よりは大幅に増えたと思う。タワレコで買ったり、Tsutayaで借りたり、後輩に借りたりと気になるAlbumを聴くことができた。さらに桑田佳祐の「がらくた」とかLiam Gallagherの「As You Were」とかNoel Gallagher's High Flying Birdsの「Who Built the Moon?」とかまだレビューができていないAlbumもある。そんな2017年に聴いたAlbumの中で、My Bestな5枚を選んでみた。

4041

Revolution Radio/Green Day (2016/Album)
 Youtubeで「Bang Bang」を観てイッキに欲しくなった1枚。全12曲がイッキにタタキ込まれ、収録50分があっという間に過ぎていき、また頭から聴くという感じ。MelodiusでHeavyでその高揚感がたまらなかった。規模と思いはデカくなってるけどほんと変わんない3人、あんな悪ガキでもちゃんとできるだよってこと。

One More Light/Linkin Park (2017/Album)
 2017年7月20日に突然届いたChester Benningtonの悲報。Popで優しくて、たゆたゆしてて、音は激しくないし、ChesterのShoutもほとんどない。賛否両論が起きていたけど、自分的にはElectroな音をさらに聴きやすくしたこのAlbumがやたら心地いい。この多幸感とChesterの死があまりにリンクしていて、それが悲しい。

4243

Dim The Lights/MONOEYES (2017/Album)
 結成当時、Bandとしてのフットワークの良さと楽しさを追っていたMONOEYESは、聴く人に寄り添い、一緒に前に進もうという優しさが加わったと思う。それでも音は熱くて生々しいし、メロディックパンクやオルタナへの愛を失わっていない。RIJF2017、ひたちなかで吹く風も優しかったけど、MONOEYESの轟音に包まれるとたまらない気分になれた。

woman's/My Hair is Bad (2016/Album)
 2017年、初めてちゃんと聴いたBandの1つがこのマイヘア。Dynamicで疾走感あふれてるし、Vocalの声質もツボ。で、その歌詞は恋愛の喜びを屈託なく歌い、その裏にある自分に対する不甲斐なさとか弱さを吐露しまくってる。カッコ悪さとか自分勝手さとか、瑞々しい時間をそのままRockにぶつけてる。いい意味で先輩達の遺伝子をちゃんと引き継いでると思う。

44 ◎ The Gift/Hi-STANDARD (2017/Album)
 3人がもう一度楽しく純粋に音楽とBandを楽しんでいることが伝わってくるAlbum。長い時間が経って、わだかまりを乗り越えてまた同じ方向に向けるようになった3人の思いが伝わってくる。やっぱりPunkはいい。

 というわけで、2017年に聴いたAlbumとCDSとMusic Videoを挙げてみる。

●Album
・The Uplift Mofo Party Plan/The Red Hot Chili Peppers
・BEST/中島美嘉
・Revolution Radio/Green Day
・Runt/Todd Rundgren
・Runt.The Ballad Of Todd Rundren/Todd Rundgren
・JAPAN'S NEXT 2016→2017 SPECIAL CD/Various Artists
・世界観/クリープハイプ
・くるりの20回転/くるり
・ソルファ/ASIAN KUNG-FU GENERATION
・人間開花/RADWIMPS
・宇宙図書館/松任谷由実
・EXIST!/[Alexandros]
・X Singles/X
・Californication/Red Hot Chili Peppers
・16/50 1997~1999/Supercar
・Soul Survivor/The Newest Model
・ヒゲとボイン/Unicorn
・加山雄三の新世界/Yuzo Kayama
・One More Light/Linkin Park
・Dim The Lights/MONOEYES
・woman's/My Hair is Bad
・Mustang!/Dragon Ash
・TROPICAL LOVE/電気グルーヴ
・÷ Divide/Ed Sheeran
・AKG TRIBUTE/Various Artists
・THE KIDS/Suchmos
・NOMAD/The Birthday
・アンコール/back number
・Majestic/Dragon Ash
・達磨林檎/ゲスの極み乙女。
・岸田繁「交響曲第一番」初演/岸田繁
・Cold Disc/Straightener
・孤独の太陽/桑田佳祐
・耳噛じる/マキシマム ザ ホルモン
・YES/サンボマスター
・The Gift/Hi-STANDARD
・サボテンミュージアム/奥田民生

●CDS
・Vintage & New,Gift Shits/Hi-STANDARD

●Music Video
・Ziggy Stardust and the Spiders from Mars/David Bowie
・oasis:supersonic/オアシス:スーパーソニック/Oasis
・忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー The FILM ~#1入門編~/忌野清志郎
・The Rolling stones From The Vault:The Marquee Club Live in 1971/The Rolling stones
・Totally Stripped/The Rolling Stones
・Symphonica/George Michael
・The Rolling Stones:Havana Moon/The Rolling Stones
・The Rolling stones From The Vault:Live At The Tokyo Dome 1990/The Rolling Stones
・Wacken Open Air 2015 A Tribute To Judas Priest/Judas Priest
・Come Hell Or High Water/Deep Purple
・Jumpers For Goalposts Live At Wembley Stadium/Ed Sheeran
・Asia Fantasia:Live in Tokyo/Asia
・The Beatles:Eight Days A Week-The Touring Years/ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK/The Beatles
・The Smashing Pumpkins Live at Maida Vale/The Smashing Pumpkins
・AMY/AMY エイミー/Amy Winehouse
・The Jam Live in Dortmund 1980/The Jam
・Live At The Royal Albert Hall/Paul Weller

45

 最後に2017年に行ったLiveについて。2月のくるりツアー最終日、8月のRIJF2017、9月の地元桜新町ねぶたまつりでの佐藤タイジ、11月の駒大学際でのストレイテナー、11月の東京ドームでの桑田佳祐、12月のスーアリでのハイスタ ツアー最終日で対バンホルモンに、年末のCDJ17/18。しっかし復活ホルモンを3回も観れたのは幸せだった。今年もLiveに行ける機会が増えることを祈るばかり...。

●Live
2017.02.28./『くるりの20回転』リリース記念ツアー「チミの名は。」/くるり/Zepp DiverCity Tokyo
2017.08.05./Rock In Japan Fes. 2017/Dragon Ash・Suchmos・MONOEYES・マキシマム ザ ホルモン・B'z/国営ひたち海浜公園
2017.09.09./佐藤タイジ@桜新町ねぶたまつり/佐藤タイジ/桜新町商店街
2017.11.05./AUTUMN FESTIVAL LIVE 2017!!!~夜顔~/ストレイテナー・グッドモーニングアメリカ/駒澤大学駒沢キャンパス記念講堂
2017.11.11./桑田佳祐 LIVE TOUR 2017「がらくた」/桑田佳祐/東京ドーム
2017.12.14./Hi-STANDARD THE GIFT TOUR 2017/Hi-STANDARD・マキシマム ザ ホルムン/さいたまスーパーアリーナ
2017.12.29./COUNTDOWN JAPAN 17/18/佐野元春・東京スカパラダイスオーケストラ・マキシマムザホルモン・the HIATUS・10-FEET

 というわけで、2017年のMusic Lifeについて振り返ってみた。今年もこのまま変わらずにRockを聴き続けて、憂鬱で退屈な日々に刺激とカツとドキドキを。I Love Rock'n Roll !!

cf.
- 2004年を振り返る●Music編●
- 2005年を振り返る●Music編●
- 2006年を振り返る●Music編●
- 2007年を振り返る●Music編●
- 2008年を振り返る●Music編●
- 2009年を振り返る●Music編●
- 2010年を振り返る●Music編●
- 2011年を振り返る●Music編●
- 2012年を振り返る●Music編●
- 2013年を振り返る●Music編●
- 2014年を振り返る●Music編●
- 2015年を振り返る●Music編●
- 2016年を振り返る●Music編●
- 2017年を振り返る●Music編●

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧