Monday, January 21, 2019

「MAN WITH A MISSION Music Video Collection」(WOWOW)を観た

Manwithamission_musicvideocollectio

 MAN WITH A MISSIONのPVがWOWOWで「MAN WITH A MISSION Music Video Collection」として放送された。2時間以上たっぷりと堪能。
 ともかくひっかかったPVについて。SFちっくで少々安っぽい「DON'T LOSE YOURSELF」、初めてPV観たけど近未来的だった「FLY AGAIN」、Live映像PV「DANCE EVERYBODY」、Liveの定番でPVも金かかってる「distance」、水まみれのLiveシーンがいい「Get Off of My Way feat.GEROCK」、Club Trackの「Bubble of Life "DJ KENTARO Remix"」、映画のワンシーンのような「Emotions」、疾走感あふれる「Wake Myself Again」、TAKUMAの声質がよく似合う「database feat. TAKUMA(10-FEET)」、USツアーものの「higher」、ゴスなPV「evils fall」、悪魔教なPV「Seven Deadly Sins」、リフとRhythmがいい「Dive」、マンウィズとZEEBRAHEAD、こんなコラボがあった「Out of Control MAN WITH A MISSION VS ZEEBRAHEAD」、いつもシンガロングが起きる「Raise your flag」、渋谷の日常がいい「Memories」、極彩色のPVがきれいな「Dead End in Tokyo」、MelodiousなDance Rockの「Dog Days」、どこかコミカルな「My Hero」、Midium TuneのLove Song「Find You」、ブラスが効いてるFunk Tune「Freak It! feat. 東京スカパラダイスオーケストラ」、Blade Runnerっぽい映像での狼対豚の「Take Me Under」、狼の口が動いてる「Winding Road」、そしてWorld Tourの映像での「Hey Now」あたり。
 しっかしここまでマンウィズをじっくり観て聴いたのは初めてかもしれない。

● On Air Set List:MAN WITH A MISSION Music Video Collection」(WOWOW)
M-01. DON'T LOSE YOURSELF
M-02. NEVER FXXKIN’MIND THE RULES
M-03. FLY AGAIN
M-04. DANCE EVERYBODY
M-05. Feel and Think
M-06. distance
M-07. Get Off of My Way feat.GEROCK
M-08. FROM YOUTH TO DEATH
M-09. Bubble of Life "DJ KENTARO Remix"
M-10. Emotions
M-11. Take What U Want
M-12. Wake Myself Again
M-13. database feat. TAKUMA(10-FEET)
M-14. higher
M-15. evils fall
M-16. Seven Deadly Sins
M-17. Dive
M-18. Out of Control MAN WITH A MISSION VS ZEEBRAHEAD
M-19. Raise your flag
M-20. Far
M-21. Memories
M-22. Dead End in Tokyo
M-23. Dog Days
M-24. My Hero
M-25. Find You
M-26. Freak It! feat. 東京スカパラダイスオーケストラ
M-27. The Anthem
M-28. Take Me Under
M-29. Winding Road
M-30. 2045
M-31. Hey Now

| | TrackBack (0)

Friday, January 18, 2019

「マキシマム ザ ホルモン MUSIC VIDEO SPECIAL」(SPACE SHOWER TV)を観た #2

Mth_musicvideo2

 去年11月、"新曲CD+漫画一冊"の規格外パッケージかつ書籍として発刊された超画期的新Maxi Single「これからの麺カタコッテリの話をしよう」をReleaseしたマキシマム ザ ホルモン。彼らのMUSIC VIDEOがイッキに観れる「マキシマム ザ ホルモン MUSIC VIDEO SPECIAL」がスペシャでで放送された。前回とだいぶOn Air曲も違う。
 あらてめて曲について書いてみる...。デスヴォイスとヘドバンと新体操の「What's up, people?!」、PopからのMixture「恋のメガラバ」、葬列と葬式のPV「ぶっ生き返す!!」、グロいPVの「ビキニ・スポーツ・ポンチン」、Hard Coreの名曲「爪爪爪」、波のようなヘドバンの絵が素晴らしい「maximum the hormone」、うつ病の歌「鬱くしき人々のうた」、このPVと歌詞は涙が出る「予襲復讐」、Live風「え・い・り・あ・ん」、Fes.に行きたくなった「恋のスペルマ(野外フェス映像ver.)」、デスヴォイスがないホルモンの新型Pop Tune「拝啓VAP殿」、ゲロまみれの高カロリーと成人病の歌「maximum the hormone II~これからの麺カタコッテリの話をしよう~」。
 復活Liveはマジ行きたい。

● On Air Set List:マキシマム ザ ホルモン MUSIC VIDEO SPECIAL (SPACE SHOWER TV)
M-01. What's up, people?!
M-02. 恋のメガラバ
M-03. ぶっ生き返す!!
M-04. ビキニ・スポーツ・ポンチン
M-05. 爪爪爪
M-06. maximum the hormone
M-07. 鬱くしき人々のうた
M-08. 予襲復讐
M-09. え・い・り・あ・ん
M-10. 恋のスペルマ(野外フェス映像ver.) 「Deka Vs Deka」収録より
M-11. 拝啓VAP殿
M-12. maximum the hormone II~これからの麺カタコッテリの話をしよう~
* (C)2018 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Friday, January 11, 2019

「[ALEXANDROS] MUSIC VIDEO SPECIAL」(SPACE SHOWER TV)を観た

Alexandros_musicvideospecial

 去年11月末に7th Album「Sleepless in Brooklyn」をReleaseした[ALEXANDROS]。そんな中、スペシャで放送されたミュージックビデオ特集「[ALEXANDROS] MUSIC VIDEO SPECIAL」(SPACE SHOWER TV)について。
 アレキのミュージックビデオっていままでそんなにじっくり観たことなかった。[Champagne]から[ALEXANDROS]まで、ともかくひっかかった曲は、完全Guitar Bandだった初期、Drumsが違う「For Freedom」、どこか情感あふれる「city」、SolidなRockの「Rocknrolla!」、性急なLatin Tasteの「Waitress,Waitress!」、ギラギラしたMelodyと高揚感の「starrrrrrr feat.GEROCK」、初めて聴いてもっと聴きたくなった「涙がこぼれそう」、この曲もちゃんと聴かねばと思った「Forever Young」、HardなEdgeでLive映えする「Stimulater」、初期からのLiveの鉄板「Kick&Spin」、広がり感が最高の「Run Away」、不敵なMelodyと音の厚さの「Droshky!」、アレキ史上もっとも好きな曲の「Adventure」、たまらない上昇感の「ワタリドリ」、PopなMelody Lineの「Dracula La」、フォルセットの妙の「Famous Day」、ヒドイ小芝居ビデオの「Dog 3」、Digital Beatの「Girl A」、音が厚くて美しい「NEW WALL」、浮遊感の「Swan」、映画"ターザン:REBORN"の主題歌の「Nawe Nawe」、アレキのCity Popもありな「Feel Like」、GuitarのCuttingが気持ちいい「ムーンソング」、冬のLove Song「SNOW SOUND」、もっと聴こうと思う「明日、また」、EdgeでSolidな「Mosquite Bite」、そして優しいMidium Tuneの「アルペジオ」あたり。
 [Champagne]時代からちゃんとAlbumを聴き直そうと思った。

● On Air Set List:[ALEXANDROS] MUSIC VIDEO SPECIAL (SPACE SHOWER TV)
M-01. For Freedom/[Champagne]
M-02. city/[Champagne]
M-03. Rocknrolla!/[Champagne]
M-04. Waitress,Waitress!/[Champagne]
M-05. starrrrrrr feat.GEROCK/[Champagne]
M-06. 涙がこぼれそう/[Champagne]
M-07. Forever Young/[Champagne]
M-08. Stimulater/[Champagne]
M-09. Kick&Spin/[Champagne]
M-10. Run Away/[Champagne]
M-11. Droshky!/[Alexandros]
M-12. Adventure/[Alexandros]
M-13. ワタリドリ/[Alexandros]
M-14. Dracula La/[Alexandros]
M-15. Famous Day/[Alexandros]
M-16. Dog 3/[Alexandros]
M-17. Girl A/[Alexandros]
M-18. NEW WALL/[Alexandros]
M-19. Swan/[Alexandros]
M-20. Nawe Nawe/[Alexandros]
M-21. Feel Like/[Alexandros]
M-22. ムーンソング/[Alexandros]
M-23. SNOW SOUND/[Alexandros]
M-24. 明日、また/[Alexandros]
M-25. KABUTO/[Alexandros]
M-26. Mosquite Bite/[Alexandros]
M-27.アルペジオ/[Alexandros]
* 2018 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Wednesday, January 09, 2019

「FUJI ROCK FESTIVAL '18 SPECIAL REPORT」(Space Shower TV)を観た

Fujirock18

 スペシャで放送された「FUJI ROCK FESTIVAL '18 SPECIAL REPORT」について。
 去年2018年も苗場で行われた「FUJI ROCK FESTIVAL '18」。この番組ではDigestでLiveシーンが放送されるとともに、出演Artistへのインタビューとか、会場の様子とかいい意味でFUJIの状況がREPORTされていて、いままで行ったことがない自分にとってはほんと興味深い。自分のイメージでは雨も降って過酷な状況でも、Music Lovers達がそんな状況までも楽しんでいるのがほんと伝わった。
 特によかったStageはこれ。
・MONGOL800:「小さな恋のうた」で凄いモッシュが起きてた。
・go!go!vanillas:Popでリズミカル。
・Albert Hammond Jr.:The StorkesからのSolo。
・エレファントカシマシ:FUJIでも似合う存在感。
・ODESZA:打楽器の気持ちよさ。
・ハナレグミ:苗場の森の中でいつか聴いてみたい。
・サカナクション:たまらない高揚感がいい。
・Mac Demarco:Folkyな音。
・N.E.R.D:変わらない破壊者としての存在感がいい。
・eastern youth:突き刺さるShoutがグッとくる。
・The Birthday:Michelle Gun Elephantの伝説のFUJIを思い出す。
・Johnny Marr:大人のPunkがかっこいい。
・SUPERORGANIM:PeacefulなDum Music。
・ASH:変わらないPower Pop、久々に聴き直したくなった。
・ユニコーン:「大迷惑」、ほんと定番。
・SKRILLEX:強烈なBeatが最高。
・FISHBONE:昔死ぬほど聴いたMixture Rock。
・MGMT:幻想的。
・Kendrick Lamar:煽情的で攻撃的なRap Music。
・BRAHMAN:Soul Flower Unionの「満月の夕」、最高のCover。
・King Gnu:HardなRhym。
・浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS:Blanky Jet Cityを彷彿させる3Piece。
・Suchmos:Bandとしての貫録が凄い。
・Jack Johnson:満タンのGreenでいい風が吹いている。
・HOTHOUSE FLOWER:懐かしいIrelandのRock Band。
・cero:いつかしっかり音源を聴いてみたい。
・VAMPIRE WEEKEND:ずっと気になってるBand、ほんとにPop。

 Rising同様、死ぬまでに一度は行ってみたいとあらためて思った。

● On Air Set List:FUJI ROCK FESTIVAL '18 SPECIAL REPORT (Space Shower TV)
=DAY1 2018.7.27 (Fri)=
M-01. 小さな恋のうた/MONGOL800
M-02. アイスタンドアローン/GLIM SPANKY
M-03. 平成ペイン/go!go!vanillas
M-04. Winter Lights/Ovall
M-05. 彩雲/ストレイテナー
M-06. 笑えれば/ROUTE 17 Rock'N Roll ORCHESTRA
M-07. ScreaMER/Albert Hammond Jr.
M-08. If You're Over Me/YEARS & YEARS
M-09. Heart Attack/TUNE-YARDS
M-10. Easy Go/エレファントカシマシ
M-11. Bloom/ODESZA
M-12. 光と影/ハナレグミ
M-13. ルーキー/サカナクション
M-14. Woman/Mac Demarco
M-15. Better Now/Post Malone
M-16. Lemon/N.E.R.D

=DAY2 2018.7.28 (Sat)=
M-01. 夏の日の午後/eastern youth
M-02. THE ANSWER/The Birthday
M-03. Lonely One/小袋成彬
M-04. Chicken Woman/STARCRAWLER
M-05. Hi Hello/Johnny Marr
M-06. Something For Your M.I.N.D./SUPERORGANIM
M-07. Kung Fu/ASH
M-08. Chance/D.A.N.
M-09. 大迷惑/ユニコーン
M-10. Promises/SKRILLEX
M-11. Everyday Sunshine/FISHBONE
M-12. Me & Michael/MGMT
M-13. You Worry Me/Nathaniel Ratelife & The Night Sweats
M-14. DNA/Kendrick Lamar
M-15. 満月の夕/BRAHMAN

=DAY2 2018.7.29 (Sun)=
M-01. Finally Floating/HINDS
M-02. Vinyl/King Gnu
M-03. One of Us/THE FEVER 333
M-04. BEAUTIFUL DEATH/浅井健一 & THE INTERCHANGE KILLS
M-05. VOLT-AGE/Suchmos
M-06. Balia Con Mi Rumba/INTERACTIVO
M-07. Bubblin/Anderson Park & The Free Nationals
M-08. ダンシングファイター/Awesome City Club
M-09. After the Storm/Kali Uchis
M-10. Banana Pancakes/Jack Johnson
M-11. Your Love Goes On/HOTHOUSE FLOWER
M-12. Poly Littel Multi Soul/cero
M-13. Find It In U/DIRTY PROTECTORS
M-14. Past My Prime/GREENSKY BLUEGRASS
M-15. A-PUNK/VAMPIRE WEEKEND
M-16. Miracle/CHVRCHES
M-17. Moonlight Serenade/G&G Miller Orchestra

* Filmed Live at Naeba Sky Jo,Yuzawa-Cho,Niigata-ken,27th,28th,29th July 2018.
* (C)2018 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Monday, January 07, 2019

「斉藤和義 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 ~これからもヨロチクビーチク~」(WOWOW)を観た

Kazuyoshisaito_2018budokan

 WOWOWで放送された斉藤和義のLive映像「斉藤和義 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 ~これからもヨロチクビーチク~」について。
 2018年、アニバーサリーイヤーだった斉藤和義。そんな彼が行ったBest Hits Tour「KAZUYOSHI SAITO 25th Anniversary Live 1993-201825<26~これからもヨロチクビーチク~」で、2018年9月7日に日本武道館での公演が今回放送されたもの。相変わらず飄々とMCし、熱くLiveを行っていた。
 特によかったのは、赤い照明が似合うHard Tuneの「FIRE DOG」、Guitarのストロークが気持ちいい「アゲハ」、どこか元気をくれる歌「空に星が綺麗」、校庭とかの「真夜中のプール」、Melodyも詩も完璧な「ウエディング・ソング」、次回のカラオケでは絶対歌おうと思った「ずっと好きだった」、この曲で本格的に斉藤和義のことが好きになったかもしれない「ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~」、これぞRock'n Rollな「COME ON!」、初期の名曲「僕が見たビートルズはTVの中」、ジワっと染み渡る珠玉の名曲「歌うたいのバラッド」あたり。
 最近ご無沙汰の斉藤和義のLive、そろそろ行きたい。

● On Air Set List:斉藤和義 25th Anniversary Live 1993-2018 25<26 ~これからもヨロチクビーチク~ (WOWOW)
M-01. FIRE DOG
M-02. Hello! Everybody!
M-03. アゲハ
M-04. tokyo blues
M-05. 空に星が綺麗
M-06. 真夜中のプール
M-07. ウエディング・ソング
M-08. カラー
M-09. ずっと好きだった
M-10. ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~
M-11. COME ON!
M-12. 僕が見たビートルズはTVの中
M-13. 歌うたいのバラッド
M-14. 月影
* Filmed Live at Nippon Budokan,Tokyo on 7th.Sep.2018.
* Produced by WOWOW in association with FITZ BOY.

| | TrackBack (0)

Friday, January 04, 2019

2018年を振り返る●Music編●

 2018年を振り返る。映画、ラーメン、読書に続いては、最後はMusic編を書いてみます。

 去年2018年に聴いたAlbumは21枚で、2017年よりもだいぶ減ってしまった...。ともかく2018年に聴いたAlbumの中で、My Bestな5枚を選んでみた(2017年にReleaseされたものもあるけど)。

5051

Who Built The Moon?/Noel Gallagher's High Flying Birds (2017/Album)
 このNoelの3rd Album、ともかく大胆な実験作で冒険作。強烈なDance Tune、70年代のKrautrock、ムーディーなインストなどなど、Noelが作ってきたイギリスの伝統的なGuitar Rockとは全然違うSoundになっている。こんなModern Psycheで明るくPositiveな1枚、結構よく聴いた。

As You Were/Liam Gallagher (2017/Album)
 このLiamの初Solo AlbumのよさはLiamの声とその声を活かした楽曲が揃っていること。3人のProducer達がLiamに期待していること、つまりLiamの声をちゃんと理解して作っていることがいい。まさに兄NoelがOasisで取った製作スタンスそのものだったんだと思う。それにしても、NoelとLiamの2枚のAlbumが揃って、なんかOasisの新譜が2枚聴けたようで、ほんと幸せだった。

5253

Fin/10-FEET (2017/Album)
 10-FEETって、ゴリゴリで高速な轟音Rock Tuneも、MoshとDiveでStageに広がるLiveでの笑顔も、苦悩と孤独な文学性もある。そんなMixture Bandが作ったこの「Fin」は彼らの原風景がいつも以上にドロドロ流れてて、それでも遊び心もあって痛快ちゃあ痛快。ともかく10-FEETらしいAlbum。

mothers/My Hair is Bad (2017/Album)
 リアル恋愛だけでなく愛情や家族や友情や哀愁や現状を歌った生きざまが描かれてる。それは彼らが赤裸々に吐いたドキュメンタリーような曲に今作も魅かれるんだけど、今まで感じてきた情景を元にやっぱり先に進んでる気がする。ともかく夏のRIJF2018で彼らのLiveを観れてよかった。

54 ◎ ソングライン/くるり (2018/Album)
 いい意味でみんなが大好きなくるりの歌を楽しめる1枚。日常で生まれ、シンプルなメロディーとシンプルな言葉で綴られた曲たちがいろんな風景を再生してくれる。きっといろんなRockを生んできたくるりが成熟したからこそだと思うし、その先に新鮮さがあると思う。ほんとしなやかでまっすぐなAlbum。初回限定盤に収録されたLive映像「くるりライブツアー『線』at Zepp Tokyo 2018.3.31」もよかった。

 というわけで、2018年に聴いたAlbumとCDSとMusic Videoを挙げてみる。

●Album
・がらくた/桑田佳祐
・As You Were/Liam Gallagher
・Who Built The Moon?/Noel Gallagher's High Flying Birds
・JAPAN'S NEXT 2017 SPECIAL CD/Various Artists
・BOOTLEG/米津玄師
・Angry Fist/Hi-STANDARD
・Last Of Sunny Day/Hi-STANDARD
・Fin/10-FEET
・mothers/My Hair is Bad
・SHINJITERU/ハナレグミ
・Raised Under Grey Skies/JP Cooper
・Add Violence/Nine Inch Nails
・明日に向かって走れ-月夜の歌-/エレファントカシマシ
・Colors/Beck
・にゅ~うぇいぶ/キュウソネコカミ
・Songs Of Experience/U2
・どこまでいくの実況録音145分/ハナレグミ・So many tears
・海のOh, Yeah!!/Southern All Stars
・Concrete And Gold/Foo Fighters
・Harmony Of Difference/Kamasi Washington
・ソングライン/くるり

●CDS
・その線は水平線/くるり

●Music Video
・この夏、大人の夜遊びライブ in 日本で一番垢抜けた場所!! at Billboard Live Tokyo (2017.07.11)/桑田佳祐
・MY FIRST STORY DOCUMENTARY FILM -全心-/MY FIRST STORY
・WE ARE X/X JAPAN
・Live & Piece/Dragon Ash
・Prince:The Glory Years/Prince
・Two Classic Albums Under Review:Use Your Illusion 1 And 2/Guns N' Roses
・In Utero Under Review/Nirvana
・SOUNDS LIKE SHIT:the story of Hi-STANDARD/Hi-STANDARD
・くるりライブツアー「線」at Zepp Tokyo 2018.3.31/くるり

55

 最後に2018年に行ったLive、8月のRIJF2018、9月の地元桜新町ねぶたまつりでの佐藤タイジしか行っていない...。ま、いろいろあったし。それでも、RIJF2018ではyonige、マイヘア、レキシ、Dragon Ash,ホルモン、ユーミン、アジカンと凄いメンツのStageを観れたし、ねぶたまつりではタイジを至近距離で楽しめた。ともかくサザンのツアーには行きたいし、みんなの復活を待ってひたちなかに行きたいと思う。

●Live
2018.08.05./Rock In Japan Fes. 2018/yonige,My Hair is Bad,レキシ,Dragon Ash,マキシマム ザ ホルモン,松任谷由実,ASIAN KUNG-FU GENERATION/国営ひたち海浜公園
2018.09.08./佐藤タイジ@第15回 桜新町ねぶたまつり/佐藤タイジ/桜新町商店街

 というわけで、2018年のMusic Lifeについて振り返ってみたけど、ほんといまいちだった。今年はちゃんとRockを聴き続けて、憂鬱で退屈な日々に刺激とカツとドキドキを。I Love Rock'n Roll !!

cf.
- 2004年を振り返る●Music編●
- 2005年を振り返る●Music編●
- 2006年を振り返る●Music編●
- 2007年を振り返る●Music編●
- 2008年を振り返る●Music編●
- 2009年を振り返る●Music編●
- 2010年を振り返る●Music編●
- 2011年を振り返る●Music編●
- 2012年を振り返る●Music編●
- 2013年を振り返る●Music編●
- 2014年を振り返る●Music編●
- 2015年を振り返る●Music編●
- 2016年を振り返る●Music編●
- 2017年を振り返る●Music編●
- 2018年を振り返る●Music編●

| | TrackBack (0)

Sunday, December 30, 2018

「ソングライン/くるり」を聴いた

Quruli_songline 今年9月19日の発売以来ずっと聴いていたくるりの12th Album「ソングライン」(2019/Album)。そろそろ年末なので今年の1枚として書いてみる。
 これ、いい意味でみんなが大好きなくるりの歌を楽しめる1枚。日常で生まれ、シンプルなメロディーとシンプルな言葉で綴られた曲たちがいろんな風景を再生してくれる。きっといろんなRockを生んできたくるりが成熟したからこそだと思うし、その先に新鮮さがあると思う。ほんとしなやかでまっすぐなAlbum。
 ともかく曲について。
・M-01「その線は水平線」:ゆったりとした心地いいBPMの上で、Guitarはゴリっとしてて、BassとDrumsのRhythm Sessionはやたら優しくて、Trumpetは気持ちよくのびやかで、Chorus Workが美しい。そんなMelodyに、♪働いたぶんだけ 陽の光浴びればいい 脳ミソは関係ない 当たり前の愛を貫けよ♪みたいなジワっとしみる歌詞がのかってる。ほんと包容力にあふれたOpening Tune。
・M-02「landslide」:Folkyですき間のある曲。どこか不安定な心情をうたった歌詞がいい。
・M-03「How Can I Do? (Album mix)」:♪いつかきっと いつかきっと 夢見た場所で How Can I Do? How Can I Do? 歩き出せるよ♪。なんか疲れて止まってる人にちょっとだけ応援してるような歌。
・M-04「ソングライン」:ちょっと投げやりなRock Tune。しっかし、♪色んなことを 中途半端なことを 考えて 消えてく 幸せのアイデアも 所詮 君は 独りぼっちじゃないでしょう 生きて 死ねば それで終わりじゃないでしょう♪、この歌詞は深い、深すぎる。
・M-05「Tokyo OP」:Led Zeppelin的な変態プログレ。本当は「東京オリンピック」というタイトルだったらしい。
・M-06「風は野を越え」:Midium SlowのTempoに叙情的な風景が浮かぶ。歪みがひっかかる1曲。
・M-07「春を待つ」:♪ただ春を待った ただ君を想った また春を待った ひとりで♪...ノスタルジックな曲。
・M-08「だいじなこと (Album mix)」:あの「ふたつの世界」の続編。短いのに濃い。
・M-09「忘れないように (Album mix)」:ともかくPopでCatchyでGroovy。
・M-10「特別な日 (Album mix)」:♪時には翻る 心さえ あなたの笑顔が私を照らす 思い切り泣いたり 笑ったり それは明日も 明後日も 変わらないあなたへのメッセージ♪。優しい応援歌。
・M-11「どれくらいの」:♪簡単なことなのに うまくゆかないものだ でもね そんなこと 気にしてちゃ だめだよ♪。心配とか絶望とか歌ってる。けど優しい。
・M-12「News」:客観的に一歩さがって受け止めてる心象描写の歌。なんとなくいいClosing Tuneだと思う。

 続いて初回限定盤に収録されたLive映像「くるりライブツアー『線』at Zepp Tokyo 2018.3.31」について。Liveが1本まるごと収められてるこのDVD、しっかし嬉しい特典だ。ちょっと曲について書いてみると、ひっかかったのは、音圧が凄くてビックリした「東京レレレのレ」、何回聴いても鳥肌が立つ「東京」、疾走感ある「愛なき世界」、初期のMidium Tuneの「飴色の部屋」、どっかに旅したくなる「ハイウェイ」、この広がり感に野外で聴きたくなる「ワンダーフォーゲル」、Liveでの再現性が高い「Liberty&Gravity」、Hardなアンサンブルの「Tokyo OP」、多国籍の「スラヴ」、まったりだけどどこか寂しい「春を待つ」、豊かな優しさの「忘れないように」、枯れてるけど前向きな「ソングライン」、いろいろ思い出す「ばらの花」、開放感が気持ちいい「Loveless」、うねりが凄い「虹」、もうこの曲がかかるとイッキに幸福感につつまれる「ロックンロール」、アンコールはくるり3人だけでシンプルな「ブレーメン」、ゆったりしたメロに客観的な歌詞の「News」、これからのAnthem「琥珀色の街、上海蟹の朝」に、くるりにまた凄い名曲が生まれた「その線は水平線」あたり。しっかしFanfanのトランペットって絶対Bandによい色を添えていると思った。

 しっかしこのAlbumについてる柳樂光隆と岸田繁執筆ライナーノーツは読みごたえあったし、聴き込んだあとに読むのその背景と思いがよくわかった。やっぱりセルフライナーノーツっていい。ほんといいAlbumだった。

● ソングライン/くるり (2018/Album)
=CD=
M-01. その線は水平線
M-02. landslide
M-03. How Can I Do? (Album mix)
M-04. ソングライン
M-05. Tokyo OP
M-06. 風は野を越え
M-07. 春を待つ
M-08. だいじなこと (Album mix)
M-09. 忘れないように (Album mix)
M-10. 特別な日 (Album mix)
M-11. どれくらいの
M-12. News
* Quruli:Shigeru Kishida,Masashi Sato,Fanfan
* Words & Music by Shigeru Kishida.
* Produced & Arranged by Quruli.
* Recorded by Mitsuhiro Tanigawa,Yoichi Miyazaki,Daisuke Koizumi,Ayaka Toki.
* Recorded at Studio First Call,music studio SIMPO,Magi Sound Studio,FREEDOM STUDIO INFINITY,Aobadai Studio,Studio Greenbird,aLive RECORDING STUDIO,AVACO CREATIVE STUDIOS,Studio Sound DALI.
* Mastered by Mitsuhiro Tanigawa.
=DVD= くるりライブツアー「線」at Zepp Tokyo 2018.3.31
M-01. 東京レレレのレ
M-02. 東京
M-03. 愛なき世界
M-04. 飴色の部屋
M-05. ハイウェイ
M-06. ワンダーフォーゲル
M-07. Liberty&Gravity
M-08. Tokyo OP
M-09. スラヴ
M-10. 春を待つ
M-11. 忘れないように
M-12. ソングライン
M-13. ばらの花
M-14. Loveless
M-15. 虹
M-16. ロックンロール
M-17. ブレーメン
M-18. News
M-19. 琥珀色の街、上海蟹の朝
M-20. その線は水平線
* Quruli:Shigeru Kishida,Masashi Sato,Fanfan
* Support Musician:Daiki Matsumoto,Kenji Yamamoto,Yasuhiro Nozaki,Shinji Asakura
* Filmed Live at Zepp Tokyo,2018.03.31.
* Produced by Toshiyuki Nakamoto.
* Director:Aiji Okazaki
* Director of Photography:Yuki Nakamura
* Sound Recorded by Shinya Tanaka,Kazue Hara,Shogo Shinoda.
* Sound Edited and Mixed by Yoichi Miyazaki.
* VIZL-1432 2018 JVCKENWOOD Victor Entertainment Corp.

cf. くるり My CD/DVD List
- ファンデリア(おまけつき) (1998/Mini Album)
- さよならストレンジャー (1999/Album)
- 図鑑 (2000/Album)
- Team Rock (2001/Album)
- The World Is Mine (2002/Album)
- ジョゼと虎と魚たち-Original Soundtrack (2003/Album)
- アンテナ (2004/Album)
- くるくる鮨 (2004/DVD)
- Birthday (2005/CDS)
- Superstar (2005/CDS)
- 赤い電車 (2005/CDS)
- Baby I Love You (2005/CDS)
- Nikki (2005/Album)
- Juice/くるりとリップスライム (2006/CDS)
- ラヴぃ/リップスライムとくるり (2006/CDS)
- ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER (2006/Album)
- Jubilee (2007/CDS)
- ワルツを踊れ-Tanz Walzer (2007/Album)
- 言葉はさんかくこころは四角 (2007/CDS)
- Philharmonic Or Die (2008/Album)
- 横濱ウィンナー-Yokohama Wiener (2008/DVD)
- さよならリグレット (2008/CDS)
- 三日月 (2009/CDS)
- 愉快なピーナッツ (2009/CDS)
- 魂のゆくえ (2009/Album)
- くるり鶏びゅ~と TRIBUTE TO QURULI/Various Artists (2009/Album)
- シャツを洗えば/くるりとユーミン (2009/CDS)
- 魔法のじゅうたん・シャツを洗えば(ヴァージョン2) (2010/CDS)
- 僕の住んでいた街 (2010/Album)
- 言葉にならない、笑顔をみせてくれよ (2010/Album)
- 奇跡 (2011/CDS)
- ベスト オブ くるり TOWER OF MUSIC LOVER 2 (2011/Album)
- everybody feels the same (2012/CDS)
- 坩堝の電圧 (2012/Album)
- ユニコーン・カバーズ/Various Artists (2013/Album)
- THE PIER (2014/Album)
- ふたつの世界 (2015/CDS)
- 琥珀色の街、上海蟹の朝 (2016/CDS)
- くるりの20回転 (2016/Album)
- その線は水平線 (2018/DL)
- ソングライン (2018/Album)

| | TrackBack (0)

Tuesday, December 25, 2018

「サザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』スペシャル」(WOWOW)を観た

Sas_rijf2018

 今年2018年で40周年サザンオールスターズ。いろんな特番が組まれてるけど、WOWOWで放送された「サザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』スペシャル」について。
 これ、国営ひたち海浜公園で行われた"Rock In Japan Fes.2018"で、大トリとして出演したサザンの全セトリとリハの模様が収録されたもの。前回サザンがRIJFに出演したのは、いまから13年前のRIJF2005の時。自分もあの場にいたのが懐かしい。
 特によかったのは、ひさびさに聴いたけどやっぱり切ない「せつない胸に風が吹いてた」、中坊の頃大人だ!って思った「My Foreplay Music」、結構Live映えする「闘う戦士たちへ愛を込めて」、真夏に聴きたかった「真夏の果実」、ここ最近のAnthem Tuneの「東京VICTORY」、ひたちなかにあのイントロが響いてた「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」、やっぱりお下劣な「マンピーのG★SPOT」、鳥肌たったし水を浴びたかった「みんなのうた」に大円壇の「勝手にシンドバッド」あたり。
 自分が行ったのは8/5(日)だったけど、やっぱりサザンが出た8/12(日)に行けばよかった。ともかく春のツアーを楽しみにして待つだけ。

● On Air Set List:サザンオールスターズ「海のOh, Yeah!!」スペシャル」(WOWOW)
M-01. 希望の轍
M-02. いとしのエリー
M-03. 涙のキッス
M-04. せつない胸に風が吹いてた
M-05. 栄光の男
M-06. My Foreplay Music
M-07. 愛の言霊~Spiritual Message~
M-08. 闘う戦士たちへ愛を込めて
M-09. 真夏の果実
M-10. LOVE AFFAIR~秘密のデート~
M-11. 壮年JUMP
M-12. 東京VICTORY
M-13. ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
M-14. HOTEL PACIFIC
M-15. マンピーのG★SPOT
EN-1. みんなのうた
EN-2. 勝手にシンドバッド
* Filmed Live at Hitachi Seaside Park,12th August 2018.
* Special Thanks rockin' on japan.
* Produced by WOWOW in associated with Visual Signs,MAZRI,MU PROJECT.

| | TrackBack (0)

Wednesday, December 19, 2018

「『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO SPECIAL』LIVE SPECIAL」(Space Shower TV)を観た

Rsrf2018

 2018/8/10(金)から11(土)、今年も北海道石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージにて開催された「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO」。このRSR2018の模様が今年もSpace Shower TVで放送されたので、きっちりと観てみた。
 今年のRISING、初日の途中からあいにくの雨で厳しい状況。そんな自然もでっかい音楽の中で受け入れて、Fes.を心から楽しむ人々の笑顔と逞しさがたまらなくいい。
 ともかく、気になったStageを書いてみる。
・KEMURI:おっさん達のいい笑顔。
・SIM:サークルモッシュが起こりまくってた。
・岡崎体育:デブとビート。
・サンボマスター:ぐるっと回ってなんか沁みる歌。
・yonige:乾いた感じがいい。
・ASIAN KUNG-FU GENERATION:大雨と重低音のBeat。
・Suchmos:漂うRhythmがいい。
・獄門島一家:アブちゃんのインパクトが絶大でかっこいい、
・電気グルーヴ:滝の存在感。
・SIX LOUNGE:硬派だけどMelodicなRock'n Roll。
・BRAHMAN:「満月の夕」はソウルフラワーユニオンの名曲。
・THE BAWDIES:やっぱりRoyの声は破壊力絶大。
・ORANGE RANGE:沖縄行きたい。
・サカナクション:雨の中のレーザー光線がほんと幻想的。
・レキシ:客がイルカと遊んでる。
・RSR FRIDAYNIGHT SESSEION "TRIBUTE TO bloodthirsty butchers IN EZO 2018":北海道のブッチャーズに捧ぐ。
・04 Limited Sazabys:PopでPunk、だんだん好きになる。
・OKAMOTO'S:音楽性が広がってる。
・MONGOL800:明るいBrassがよく似合う。
・ハナレグミ:Popでどこかリゾート感漂う。
・ザ・クロマニヨンズ:ステージングも声のデカさも変わらない。
・奥田民生:骨太のGroove。
・EGO-WRAPPIN':彼女のステージ上の存在感が凄い。
・キュウソネコカミ:テント内のStage、ぐちゃぐちゃで盛り上がる。
・エレファントカシマシ:「今宵の月のように」、何回聴いても力をもらえる曲。
・The Birthday:RISINGがよく似合うと思う。
・DATS:Digitalだけど肉体的。
・竹原ピストル:「ぼくは限りない~One for the show~」、心を込めて歌ってるという歌。
・GRAPEVINE:「光について」、いつ聴いても染み渡る曲。
・Dragon Ash:「Jump」はどこか切ないMelody。
・東京スカパラダイスオーケストラ:空が空け初めてハナレグミ、夜明けにヒロトとスカ、峯田のPunkとスカ、全部いい。

 RSRはフジロックに続き、人生において死ぬまでに一度は行ってみたいFes.です。

● On Air Set List:「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO」LIVE SPECIAL (Space Shower TV)
=DAY1=
M-01. PMA(Positive Mental Attitude)/KEMURI
M-02. TxHxC/SIM
M-03. XXL/岡崎体育
M-04. できっこないを やらなくちゃ/サンボマスター
M-05. リボルバー/yonige
M-06. 証明/SUPER BEAVER
M-07. センスレス/ASIAN KUNG-FU GENERATION
M-08. VOLT-AGE/Suchmos
M-09. Mr.Cosmo(Short Ver)/四星球
M-10. グッバイ/Saucy Dog
M-11. 無法地帯/獄門島一家
M-12. MAN HUMAN/電気グルーヴ
M-13. くだらない/SIX LOUNGE
M-14. こんなのおかしくない?/ドミコ
M-15. 満月の夕/BRAHMAN
M-16. JUST BE COOL/THE BAWDIES
M-17. 以心電信/ORANGE RANGE
M-18. ルーキー/サカナクション
M-19. KMTR645/レキシ
M-20. I'm on fire(増子直純)/怒髪天 x RSR FRIDAYNIGHT SESSEION "TRIBUTE TO bloodthirsty butchers IN EZO 2018"
M-21. Never Give Up(吉野寿)/RSR FRIDAYNIGHT SESSEION "TRIBUTE TO bloodthirsty butchers IN EZO 2018"
M-22. 散文とブルース(TOSHI-LOW)/RSR FRIDAYNIGHT SESSEION "TRIBUTE TO bloodthirsty butchers IN EZO 2018"
M-23. ハレルヤ(bloodthirsty butchers)/RSR FRIDAYNIGHT SESSEION "TRIBUTE TO bloodthirsty butchers IN EZO 2018"

=DAY2=
M-01.Terminal/04 Limited Sazabys
M-02. 桜のあと(all quartets lead to the ?)/UNISON SQUARE GARDEN
M-03. プロミス ザ スター/BiSH
M-04. BROTHER/OKAMOTO'S
M-05. honeymoon/MONGOL800
M-06. レター/ハナレグミ
M-07. またね/緑黄色社会
M-08. どん底/ザ・クロマニヨンズ
M-09. いいのに/sumika
M-10. Ride on shooting star/the pillows
M-11. 最強のこれから/奥田民生
M-12. Let's ダバダ/POLYSICS
M-13. N.E.O./CHAI
M-14. Loneli One FEAT.宇多田ヒカル/小袋成彬
M-15. GO ACTION/EGO-WRAPPIN'
M-16. KMDT25/キュウソネコカミ
M-17. PRAYING RUN/UVERworld
M-18. 今宵の月のように/エレファントカシマシ
M-19. 流星/和楽器バンド
M-20. THE ANSWER/The Birthday
M-21. Bad Kicks/DYGL
M-22. Hearts/DATS
M-23. ぼくは限りない~One for the show~/竹原ピストル
M-24. ENVY/coldrain
M-25. 光について/GRAPEVINE
M-26. NIGHT POOL/King Gnu
M-27. 祭りのあと/Base Ball Bear
M-28. Jump/Dragon Ash
M-29. 追憶のライラック feat.ハナレグミ/東京スカパラダイスオーケストラ
M-30. 星降る夜 feat.甲本ヒロト/東京スカパラダイスオーケストラ
M-31. ちえのわ feat.峯田和伸/東京スカパラダイスオーケストラ
M-32. Paradise Has No Border/東京スカパラダイスオーケストラ

* Filmed at Ishikariwan Shinko Tanrugawa Futoyoko Yagaitokusetsu Stage,Hokkaido on August 10th,11th 2018.
* 2018 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Monday, December 17, 2018

「"The Gift"リリース記念特番『もしもハイスタがいない世界だったら』」(Space Shower TV)を観た #2

Histandard_moshimohistaga2

 ドキュメンタリー映画「SOUNDS LIKE SHIT:the story of Hi-STANDARD」を公開中のHi-STANDARD。そんな中、スぺシャで再放送された「"The Gift"リリース記念特番『もしもハイスタがいない世界だったら』」について。
 これ、そのまんまのタイトルをテーマに、その関係者が語りまくるというもの。出演者はキヨサク(MONGOL800)、GEN(04 Limited Sazabys)、サイトウ"JxJx"ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、Zeebra、ダイスケはん&ナヲ(マキシマム ザ ホルモン)、チバユウスケ(the Birthday)、10-FEET、MASTA SIMON(MIGHTY CROWN)、RED RICE(湘南乃風)、ROY&JIM(THE BAWDIES)に、角張渉(カクバリズム)、岸田哲平(スチールカメラマン)、田原104洋(MOBSTYLES)、西村等(FEVER)、前澤友作(スタートトゥデイ)、三吉ツカサ(スチールカメラマン)、山崎洋一郎(ロッキング・オン)と錚々たるメンツが出ており、それを「MUSIC」、「ATITUDE」、「CULTURE」、「FESTIVAL」の4つの視点から整理されていた。
 「MUSIC」では、メロコアというジャンルを日本で作り上げ、全編英語による歌詞、3ピースという最小限の構成、そしてCoverについて触れられていた。「ATITUDE」では、活動をLive Houseを中心にし、Pizza of Deathという自主レーベルを作り、対バンではローカルのBandとやり、DIYで、アメリカのPunkシーンと同期して、常にKidsに対するサプライズを行ってきたこと。そして「CULTURE」では、XLのTシャツを着るライブファッションに触れ、「FESTIVAL」では京都大作戦、DEAD POP FESTiVALなどBand主催のFes.の理想形がAir Jamなんだってことを再認識した。
 で、最後の質問が「もしもハイスタがいない世界だったら」。ハイスタがなかったら音楽をやっていないとか、メロディックハードコアはなかったとかのコメントが続く。あらためていい番組だった。

● On Air Set List:"The Gift"リリース記念特番「もしもハイスタがいない世界だったら」(Space Shower TV)
M-01. STAY GOLD
M-02. STAY GOLD (AIR JAM 2011)
* (C)2017 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧