Monday, October 19, 2020

「SONGS 佐野元春」(NHK)を観た

Motoharusano_songsnhk 

 NHKの「SONGS 佐野元春」について。
 デビュー40年の今年、9年ぶりに出演した佐野元春。インタビュアーであり長年のファンである武田真一キャスターと元春が語るんだけど、その中で元春レディオショー、言葉とビートについて、3分間で中で多くを歌うこと、成長というテーマについて、NYCで過ごした1年とAlbum「VISITORS」(1984)について、コロナ禍での「エンタテインメント」とその先にある表現やアートについて...ほんと変わらない。
 しっかし、演奏された「約束の橋」も「ニューエイジ」も「エンタテインメント!」、素晴らしかった。いい番組だった。

● On Air Set List:SONGS 佐野元春 (NHK)
M-01. 約束の橋
M-02. ニューエイジ
M-03. エンタテインメント!

|

Wednesday, October 14, 2020

「Dragon Ash Tour FREEDOM ~新進シャンソン歌手総出演新春シャンソンショウ~」(WOWOW)を観た #2

Dragonash_20090508zepptokyo

 WOWOWで放送された「Dragon Ash Tour FREEDOM ~新進シャンソン歌手総出演新春シャンソンショウ~」について。ふたたび観てみた。
 これ、Dragon Ashが2009/5/8 Zepp Tokyoで行ったLive。Album「Freedom」の曲を中心に新旧おり混ざって、Balanceのいい構成なんだけど、なんかIKUZONEの姿に目がいってしまう。青と赤のBass、ヘッドホン、パンツ、半分に分けた髪...まるでお釈迦様のようだ。これからもDAを、日本のMixture Rockを見守ってほしいと思った。
 で、特によかったのは、いきなりの陽性なLatin Tune「Freedom」、切なくて強いメロの「Desperado」、ジワっとしみる「Ivory」、優しいMidium Tuneの「Sunset Beach」、強いBEATの「Beautiful」、街の陽が浮かぶ祈りの歌「few lights till night」、懐かしくて勇気をくれる「Velvet Touch」、音がどんどん激しくなる「Mixture」、歌詞もサビも抑揚あるメロもいい「繋がりSUNSET」、こんな状況だからこその「Dear Mosh Pit」、爆発力の「Fantasista」、美しい「morrow」、そして歌詞が響く「運命共同体」あたり。またDAのLiveに絶対行きたい。

● On Air Set List:Dragon Ash Tour FREEDOM ~新進シャンソン歌手総出演新春シャンソンショウ~ (WOWOW)
M-01. Freedom
M-02. Desperado
M-03. Ivory
M-04. Big Town Rhapsody
M-05. Sunset Beach
M-06. Beautiful
M-07. few lights till night
M-08. Velvet Touch
M-09. Ordinary
M-10. Mixture
M-11. 繋がりSUNSET
M-12. Dear Mosh Pit
M-13. Fantasista
M-14. morrow
M-15. 運命共同体
* Filmed Live at Zepp Tokyo,on 8th May 2009.
* Dragon Ash are kj(vocal & guitar),MAKOTO(drums),IKUZONE(bass),BOTS(turntable),HIROKI(guitar),ATSUSHI(dancer),DRY-V(dancer).

|

Tuesday, October 13, 2020

「Dragon Ash Tour 2007 & Document ~DEVELOP THE MUSIC~」(WOWOW)を観た #2

Dragonash_20070629zepptokyo

 WOWOWで放送された「Dragon Ash Tour 2007 & Document ~DEVELOP THE MUSIC~」について。ふたたび観てみた。
 これ、Dragon Ashが2007/6/9 韓国Melon AX、Tour最終日2007/6/29 Zepp Tokyoで行ったLiveとそのオフショットを追ったドキュメンタリー番組。まずはZeppのほうだけど、メンバーのスタジオ入りから楽屋の風景、リハーサルやそのリハでの武田真治とのセッション確認などが盛り込まれている。また、韓国のほうは、韓国への出入国、韓国メディアとの取材、プルコギや朝からキムチと焼肉、そしてリハの模様が収録されている。韓国での根強い人気も凄い。
 で、Liveのほうだけど、DAのラテンMusicを取り込んだ傾向をある程度達成したTourだと思う。Rock、Punk、Hip-Hop、Reggae、Drum'n Bass、Electronica、Turn TableにLatin Tasteが加わり、彼らのMixtureが見事に融合したLiveだったと思う。特によかったのは、メランコリックなLatin Tuneの「Develop the music」、美しくて性急なメロの「Just I'll Fly」、枯れた祈りの歌の「Fly」、Rhythmがいい「Palamas Rock(feat.UZI-ONE)」、力強いBEATにアレンジされている「under age's song」、喜びの歌の「Luz del sol(feat.大蔵 From ケツメイシ)」、武田真治のSaxが切ない「El Alma(feat.SHINJI TAKEDA)」、イントロだけで鳥肌が立つ「百合の咲く場所で」、5個の打楽器から穏やかなメロへと続く「few lights till night」、そして歌詞がいい「Beautiful」あたり。またDAのLiveに絶対行きたい。

● On Air Set List:Dragon Ash Tour 2007 & Document ~DEVELOP THE MUSIC~ (WOWOW)
M-01. Develop the music *1
M-02. stir *1
M-03. Just I'll Fly *1
M-04. Fly *1
M-05. Dark Cherries *1
M-06. Libertad de fiesta *1
M-07. Palamas Rock(feat.UZI-ONE) *1
M-08. Develop the music *2
M-09. Ivory *2
M-10. Rainy *2
M-11. Samba`n'bass *2
M-12. under age's song *1
M-13. Luz del sol(feat.大蔵 From ケツメイシ) *1
M-14. El Alma(feat.SHINJI TAKEDA) *1
M-15. Loca Burnin'(feat.SHINJI TAKEDA,アイニ) *1
M-16. 百合の咲く場所で *1
M-17. few lights till night *1
M-18. Beautiful *1
*1:2007.6.29@Zepp Tokyo -DEVELOP THE MUSIC-
*2:2007.6.9@韓国Melon AX -DEVELOP THE MUSIC in Korea-
* Dragon Ash are kj,IKUZONE,MAKOTO SAKURAI,BOTS,HIROKI,ATSUSHI,DRY-V.
* UZI-ONE,大蔵,SHINJI TAKEDA,アイニ
* Produced by INNOVATOR inc.,WOWOW INC.

|

Monday, October 12, 2020

「Dragon Ash Tour ~Rio de Emocion~ 2005」(WOWOW)を観た

Dragonash_20051125yokohamablitz

 WOWOWで放送された「Dragon Ash Tour ~Rio de Emocion~ 2005」について。
 これ、2005/11/25 横浜BLITZでのDragon AshのLiveが収録されたもの。この時期のDAは中南米やLatinなムードが強かった頃。Mixtureの幅を広げてくれたし、オレたちにLatin Musicの熱さや美しさを教えてくれたと思う。
 特によかったのは、まずはLatin ModeでLive開始の「Los Lobos」、情熱と情感あふれる「Just I'll say」、枯れたMelody Lineの「Palmas rock feat.UZI-ONE」、Reggaeのリズムに美しい光景が浮かぶ好きな曲の「夕凪Union」、HeavyなMixtureの「Aim high」、ともかくメロがいい「Crush the window」、フロアもステージも爆発した「Fantasista」、訴えてくる詩もいい「Fever」、そしてステージに客をあげての「something in view」あたり。またDAのLiveに絶対行きたい。

● On Air Set List:Dragon Ash Tour ~Rio de Emocion~ 2005 (WOWOW)
M-01. Los Lobos
M-02. Scarlet needle
M-03. Just I'll say
M-04. Palmas rock feat.UZI-ONE
M-05. Cloverleaf
M-06. 夕凪Union
M-07. Invitation
M-08. Round up
M-09. Aim high
M-10. resound feat.HIDE,136
M-11. Crush the window
M-12. Fantasista
M-13. Fever
M-14. something in view
* Filmed Live at Yokohama Blitz,Kanagawa on 25th.Nov.200.
* Dragon Ash are kj(vocal & guitar),MAKOTO(drums),IKUZONE(bass),BOTS(turntable),HIROKI(guitar),ATSUSHI(dancer),DRY-V(dancer).
* Produced by INNOVATOR inc.,WOWOW INC.

|

Sunday, October 11, 2020

「Rocketman/ロケットマン」を観た

Rocketman ちょっと気になってたElton Johnの半生を描いたミュージカル伝記映画「Rocketman/ロケットマン」(2019/Cinema)について。
 こんなあらすじ。1947年生まれの少年Reggie Dwightは早くからピアノの演奏に才能を発揮するが、不仲な父親Stanley(Steven Mackintosh)と母親Sheila(Bryce Dallas Howard)に愛されていないことに悩んでいた。やがて、Elton John(Taron Egerton)という名前で音楽活動を始めるが、Bernie Taupin(Jamie Bell)と出会いを、2人で作った「Your Song」などヒットナンバーを次々と世に送り出していく。そして、同性の恋人John Reid(Richard Madden)を自分のマネージャーに据えたEltonは、成功に反して孤独を感じ続け、アルコールやドラッグに溺れていく...。
 Elton Johnの歌を聴いてきて、その優しさと美しさと強さはわかってたし、同性愛者であることもわかってたけど、家族や周囲から愛されないという問題に苦悩し、成功者ゆえの孤独と自身の傲慢さがここまで強烈だと思わなかった。Eltonのヒット曲が満載で、ショーアップされてるけど、その華やかさの裏にあるドロドロしたものが伝わってくる。そんな不思議なミュージカル映画だった。

|

Friday, October 09, 2020

「Dragon Ash -House of Velocity- 2003」(WOWOW)を観た

Dragonash_20031123tokyobaynkhall

 WOWOWで放送された「Dragon Ash -House of Velocity- 2003」について。
 これ、2003/11/23 東京ベイNKホールでのDragon AshのLiveが収録されたもの。このLive映像を観てると、Dancerが入り7人体制になったDAの粗削りな勢いが伝わってくる。巨大スクリーンのBGVも凝ってるし、なんといってもIKUZONEの異彩感がたまらない。
 特によかったのは、どこかPsychedelicな「House of Velocity」、Hardなリフの「Revive」、Spacyな「Massy Evolution」、3mcのHip Hop「United Rhythm feat.43K,FIG」、美しくて優しいメロの「静かな日々の階段を」、ストロークが気持ちいい「Sleep」、歌詞がいい「Invitation」、高速Tune「Day 6」、やっぱりドラマチックな「百合の咲く場所で」、抑揚がいい「Canvas」、ダントツの破壊力「antasista」、そしてSBKから「Episode 4 feat.SHUN,SHIGEO」あたり。またDAのLiveに絶対行きたい。

● On Air Set List:Dragon Ash -House of Velocity- 2003 (WOWOW)
M-01. House of Velocity
M-02. Posse in Noise
M-03. Revive
M-04. Massy Evolution
M-05. United Rhythm feat.43K,FIG
M-06. 静かな日々の階段を
M-07. Sleep
M-08. Invitation
M-09. Day 6
M-10. 百合の咲く場所で
M-11. Canvas
M-12. Fantasista
M-13. Episode 4 feat.SHUN,SHIGEO
* Filmed Live at Tokyo Bay NK Hall,Chiba on 23th.Nov.2003.
* Dragon Ash are kj(vocal & guitar),MAKOTO(drums),IKUZONE(bass),BOTS(turntable),HIROKI(guitar),ATSUSHI(dancer),DRY-V(dancer).
* Produced by INNOVATOR inc.,WOWOW INC.

|

Wednesday, October 07, 2020

「MTV UNPLUGGED PRESENTS LIAM GALLAGHER/Liam Gallagher」を観た

Liamgallagher_mtv MTVで「MTV UNPLUGGED PRESENTS LIAM GALLAGHER/Liam Gallagher」(2019/DVD)が「MTV Unplugged:LIAM GALLAGHER」として放送されたんで観てみた。
 これ、2019年8月にHull's City Fallで行われたLiam GallagherのMTVアンプラグドの映像版。OASISとしては、1996年にMTVアンプラグドに出演しているが、そのStageにはLiamは喉の不調で参加していない。急遽代役をこなしたのがNoelだけど、皮肉なことにそのLiam不在のパフォーマンスが大絶賛されてしまい、Liamにとっては今回が雪辱のStageになった。で、今回のLive、Band SetにStrings、観客の大シンガロングの中、Liamがやっぱり最高のSingerのひとりであることが実証されている。あの仁王立ちも変わらないのがうれしい。
 特によかったのは、ソウルフルでもう最高な「WALL OF GRASS」、タメと抑揚のメロの「FOR WHAT IT'S WORTH」、自身の娘に捧げた「NOW THAT I'VE FOUND YOU」、酔いながら聴きたい「WHY ME? WHY NOT.」、OASISの曲から「SAD SONG」、大きなStrokeがいい「SOME MIGHT SAY」、ただただメロが素晴らしすぎる「CAST NO SHADOW」、ひさしぶりに聴けて泣けた「STAND BY ME」、そしてしっとりと「CHAMPAGNE SUPERNOVA」あたり。CDとしてReleaseされている「MTV Unplugged(Live at Hull City Hall)」も欲しくなった。

● MTV UNPLUGGED PRESENTS LIAM GALLAGHER/Liam Gallagher (2019/DVD)
M-01. WALL OF GRASS
M-02. FOR WHAT IT'S WORTH
M-03. NOW THAT I'VE FOUND YOU
M-04. WHY ME? WHY NOT.
M-05. SAD SONG
M-06. SOME MIGHT SAY
M-07. CAST NO SHADOW
M-08. ONCE
M-09. STAND BY ME
M-10. CHAMPAGNE SUPERNOVA
* Filmed Live at HULE CITY HALL.
* 2019 Viacom INternational Media Networks UK Limited.
M-01. Once~Wonderwall from「2019 MTV EMA」/Liam Gallagher
M-02. The River (Why Me? Why Not)/Liam Gallagher (PV)
M-03. Shockwave/Liam Gallagher (PV)

f. Liam Gallagher My CD/DVD List
- As You Were (2017/Album)
- Why Me? Why Not. (2019/Album)

- MTV UNPLUGGED PRESENTS LIAM GALLAGHER (2019/DVD)

|

Monday, October 05, 2020

「Dragon Ash Live! [Let yourself go] 1999」(WOWOW)を観た

Dragonash_19990411akasakablitz

 WOWOWで放送された「Dragon Ash Live! [Let yourself go] 1999」について。
 これ、1999/4/11、赤坂BLITZでのDragon AshのLiveが収録されたもの。最初に戦メリのメロが流れ、若い4人の姿が浮かぶ。そしてDiveが止まらず爆発する観客たち。これぞDAのLiveだと思った。しっかし、「陽はまたのぼりくりかえす」の曲中で涙するkjをチェックするIKUZONEの笑顔がほんと最高だ。
 特によかったのは、Guitarから始まる1曲目「The Day dragged on」、Jazzyな「Don't worry 'bout me」、混沌とした音の塊の「Cherub Rock」、軽やかなRock Tune「Cowboy Fuck!」、やっぱりこの美しいメロが沁みた「Under Age's Song」、激しく訴える「Humanity」、この曲の高揚感がたまらない「Let yourself go,Let myself go」、3 piece Rockな「Face to Face」、ブルハの影響大なPunkの「チェルノブイリに悲しい雨が降る」、これもPop Punkの「Monkey Punch Monkey Kick」、激しいDiveが起きた「Mustang A GO GO!!!」、この曲でどっぷりDAにハマったOur Anthem「陽はまたのぼりくりかえす」、激しい疾走感の「Iceman」、そして美しい一体感の「Fever」あたり。またDAのLiveに絶対行きたい。

● On Air Set List:Dragon Ash Live! [Let yourself go] 1999 (WOWOW)
M-01. The Day dragged on
M-02. Don't worry 'bout me
M-03. Cherub Rock
M-04. Cowboy Fuck!
M-05. Under Age's Song
M-06. Humanity
M-07. Let yourself go,Let myself go
M-08. Face to Face
M-09. チェルノブイリに悲しい雨が降る
M-10. Monkey Punch Monkey Kick
M-11. Mustang A GO GO!!!
M-12. 陽はまたのぼりくりかえす
M-13. HOT CAKE
M-14. FUTURE
M-15. Iceman
M-16. Fever
* Filmed Live at Akasaka Blitz,Tokyo on 11th.April 1999.

|

Friday, October 02, 2020

「磔磔というライブハウスの話」(Fuji Television Network)を観た

Takutaku

 フジテレビで放送された「磔磔というライブハウスの話」について。
 これ、国内外のミュージシャンが愛する京都の老舗ライブハウス「磔磔」の魅力について描いたドキュメンタリー番組。京都四条河原町近く築100年を超える木造の蔵のライブハウス、店主水島博範とその息子で二代目の水島浩司、そして磔磔に出演し、磔磔に憧れ、磔磔とともに育ち、磔磔を愛し続けてる国内外のミュージシャンの言葉...凄く愛と尊敬とやさしさにあふれてる。
 そして、そして水島の親友である元Dr.FeelgoodのWilco Johnsonと、元ブレイクダウンの近藤房之助と、元RCサクセションの仲井戸"CHABO"麗市の3人が演った特別なセッションが最高だった。
 この映像は作品「SWEET HOME TAKUTAKU」として現在製作中とのこと。完成したぜひ観たい。

●出演者
水島博範、水島浩司
Wilco Johnson、近藤房之助、仲井戸"CHABO"麗市
麗蘭(仲井戸麗市、土屋公平、早川岳晴、JAH-RAH),細野晴臣、友部正人、泉谷しげる、鮎川誠&シーナ、木村充揮、有山じゅんじ、
石田長生、永井"ホトケ"隆、遠藤ミチロウ(ex.ザ・スターリン)、M.J.Q、少年ナイフ、玉城宏志(ex.ローザ・ルクセンブルグ)、三宅伸治、
トータス松本、Theピーズ、中川敬・伊丹英子(ソウル・フラワー・モノノケ・サミット)、うつみようこ(YOKOLOCO BAND)、チバユウスケ
(The Birthday)、岸田繁(くるり)、フラワーカンパニーズ、怒髪天、SCOOBIE DO、キセル、騒音寺、台風クラブ、寺田国敏(拾得)、
南部裕一、鏡孝彦、篠田純、角張渉(カクバリズム)ほか
●ナレーション
小泉今日子
●『SWEET HOME TAKUTAKU』ナレーション
辻村友晴(キセル)

|

Wednesday, September 30, 2020

「V.I.P.-米津玄師-」(SPACE SHOWER TV)を観た

Kenshiyonedu_vip

 スペシャで放送された「V.I.P.-米津玄師-」について。
 約2年半ぶりとなる5th Album「STRAY SHEEP」をReleaseした米津玄師。そんな米津玄師とNew Albumについて、山田智和(映像作家/映画監督)、奥山由之(映像監督/写真家)、林響太朗(監督/デザイン/写真)、山崎洋一郎(「ROCKIN' ON JAPAN」「rockin' on」編集長)、紫那典(音楽ジャーナリスト)の5人がいろんな視点からひもといてく。
 ハチ名義やニコニコ動画から始まったアーティスト活動、デビューAL「diorama」、フックが強いメロ、音への感覚の強さ、頭に残るメロ、どちらかという暗い音がPopになりえたこと、マニアックではなく大衆なんだけどユニークであること、そして、どこか暗いジャケットとタイトルの超Popな新譜「STRAY SHEEP」へ。全曲解説、コラボ、菅田将暉との出会い...いやー面白かった。Album「STRAY SHEEP」、早く聴こう。

◆出演
山田智和(映像作家・映画監督)
奥山由之(映像監督・写真家)
林響太朗(監督・デザイン・写真)
山崎洋一郎(「ROCKIN' ON JAPAN」「rockin' on」編集長)
紫那典(音楽ジャーナリスト)
◆寄稿
加藤隆(アニメーション監督)

* (C)2020 SPACE SHOWER NETWORK INC.

|

より以前の記事一覧