Thursday, February 15, 2018

「Dragon Ash 20th Anniversary "Dragonash Live Tour MAJESTIC Final"YOKOHAMA ARENA」(WOWOW)を観た

Dragonash_yokohamaarena2018

 Debut20周年のDragon AshのTour Final公演「Dragon Ash 20th Anniversary "Dragonash Live Tour MAJESTIC Final"YOKOHAMA ARENA」がWOWOWで「生中継! Dragon Ash 20周年 "Dragonash Live Tour MAJESTIC Final"」として放送された。
 これ、去年2017年にReleaseされたAlbum「Majestic」を携えて行われた全国Tour「Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC」の中で、2018.11.28.横浜アリーナで開催されたもの。横浜アリーナでのLiveは18年ぶりに2度目とのことで、アリーナ席では座席が外されたオールスタンディングのFloorでは、Live Houseのように凄まじいモッシュが起きていた。Stage後方の巨大スクリーン、美しいLighting、飛び交うLaser光線。その場で見たらほんときれいな光の洪水だったと思う。それにしてもKenKenの後ろに飾られたIKUZONEのシャツがメンバーを見守っていた。
 特によかったのは、DramaticなDJ.BotsのPlayから始まった「Stardust」、PunkishなDigital Beatの「Pulse」、緩やかなAnthemの「光りの街」、会場全体が光に包まれた歓喜の歌「Ode to Joy」、IKUZONEの捧げられた「Walk with Dreams」、Big Song「TIME OF YOUR LIFE」、まさにヘドバンな「Headbang」、KenKenをFeatureした「The Live」、輝く一体感の「Beside You」、穏やかなSlow Tne「静かな日々の階段を」、どこかLatinなBeatが気持ちいい「Jump」、Floorでは巨大Circle Moshができた「百合の咲く場所で」、Live Houseに足を運んでほしいというKjのMCから「Fantasista」、Kjの優しい笑顔がいい「Lily」、最高な至福感にArenaが包まれたアンコール1曲目の「Viva la revolution」、初期のPunk Rock「Drugs can't kill teens」、叙情的なMelody Lineの「繋がりSUNSET」、そして、DramaticなMidium TuneでLiveのオーラスを迎えた「Curtain Call」あたり。

 しっかし、すべてのLiveが終わり、KenKenの機材の裏面に貼られたIKUZONEの写真がUpで写った時、泣きそうになった。ずっと後輩I君から借りっぱなしになっているDVD2枚組のLive映像作品「Live & Piece」(2013)、そろそろ観よう。

● On Air Set List:Dragon Ash 20th Anniversary "Dragonash Live Tour MAJESTIC Final"YOKOHAMA ARENA (WOWOW)
M-01. Stardust
M-02. Mix it Up
M-03. Pulse
M-04. 光りの街
M-05. Ode to Joy
M-06. Singin' in the Rain
M-07. Walk with Dreams
M-08. TIME OF YOUR LIFE
M-09. Circle
M-10. Headbang
M-11. Faceless
M-12. The Live
M-13. Beside You
M-14. 静かな日々の階段を
M-15. Jump
M-16. 百合の咲く場所で
M-17. Fantasista
M-18. Lily
M-19. A Hundred Emotions
=Encore=
M-20. Viva la revolution
M-21. Drugs can't kill teens
M-22. 繋がりSUNSET
M-23. Curtain Call
* Filmed Live at Yokohama Arena on 28th Jan.2018.
* (C)2018.Produced by WOWOW Entertainment in association with extreme inc.

M-24. 光りの街 (PV)
M-25. Headbang (PV)
M-26. The Live (PV)

| | TrackBack (0)

Wednesday, February 14, 2018

Happy Valentine's Day...

Dsc04493

Happy Valentine's Day...
♪I Know It's Only Chocolate But I Like It♪

| | TrackBack (0)

Wednesday, February 07, 2018

「ACIDMAN presents『SAITAMA ROCK FESTIVAL "SAI"』」(Space Shower TV)を観た

Asidman_sai

 ACIDMAN結成20周年イヤーの集大成として開催された初の主催フェス「ACIDMAN presents『SAITAMA ROCK FESTIVAL "SAI"』」。Space Shower TVで放送されたんでしっかりとCheck。
 これ、2017.11.23、さいたまスーパーアリーナで開催されたもの。当日のFes.の様子を振り返る3人のインタビューとともに大木がこだわりぬいたTime Tableがいいんだけど、ともかく出演Bandが凄い。Headliner級のBandが集まっている中、どのBandも孤高なACIDMANをたたえているのが印象的だった。特によかったLiveはこれ。
・10-FEET:華があるBandが一番手。ACIDMANのコスプレをした10-FEETの3人が演奏した「赤橙」がよかった。
・MAN WITH A MISSION:「Raise your flag」から大シンガロング。しっかし構築美が凄い。
・THE BACK HORN:叙情的で熱い。
・ASIAN KUNG-FU GENERATION:堂々としたPower Pop。
・the HIATUS:相変わらず芸術性が高いけどともかく熱い。
・BRAHMAN:TOSHI-LOWの「ブラフマン、始めます」という最初のくだりだけで鳥肌が立つ。
・RADWIMPS:若干アウェー感あるけど、Radファンも結構多い。
・Dragon Ash:サプライズで演奏されたCover「ある証明」、そりゃうれしくなる。しっかし「Fantasista」は圧倒的な破壊力。
・STRAIGHTENER:つきあいとか過ごした時間が一番長いテナーがトリ前。
・ACIDMAN:会場中からの大きな手拍子の中、「FREE STAR」のイントロがかかった瞬間、鳥肌が立った。

 しっかし同じ世代のBandが揃って20周年を祝う。いいFes.だったと思う。

●出演Artists:
ACIDMAN / ASIAN KUNG-FU GENERATION / the HIATUS / THE BACK HORN / STRAIGHTENER / 10-FEET / Dragon Ash / BRAHMAN / MAN WITH A MISSION / RADWIMPS

● On Air Set List:ACIDMAN presents「SAITAMA ROCK FESTIVAL "SAI"」(Space Shower TV)
M-01. RIVER/10-FEET
M-02. 赤橙(ACIDMAN Cover)/10-FEET
M-03. VIBES BY VIBES/10-FEET
M-04. Raise your flag/MAN WITH A MISSION
M-05. My Hero/MAN WITH A MISSION
M-06. 空、星、海の歌/THE BACK HORN
M-07. 刃/THE BACK HORN
M-08. Re:Re:/ASIAN KUNG-FU GENERATION
M-09. 今を生きて/ASIAN KUNG-FU GENERATION
M-10. Lone Train Running/the HIATUS
M-11. SEE OFF/BRAHMAN
M-12. 不倶戴天/BRAHMAN
M-13. 05410-(ん)/RADWIMPS
M-14. DADA/RADWIMPS
M-15. The Live/Dragon Ash
M-16. ある証明(ACIDMAN Cover)/Dragon Ash
M-17. Jump/Dragon Ash
M-18. Fantasista/Dragon Ash
M-19. ROCKSTEADY/STRAIGHTENER
M-20. DAY TO DAY/STRAIGHTENER
M-21. FREE STAR/ACIDMAN
M-22. ある証明 feat.東京スカパラダイスオーケストラ 谷中敦(Baritone Saxophone)・加藤隆志(Guitar)/ACIDMAN
M-23. ミレニアム/ACIDMAN
* Filmed Live at Saitama Super Arena on 23rd.Nov.2017.
* 2018 SPACE SHOWER NETWORKS INC.

| | TrackBack (0)

Tuesday, February 06, 2018

「Who Built The Moon?/Noel Gallagher's High Flying Birds」を聴いた

Noelgallagher_whobuiltthemoon 2nd「Chasing Yesterday」(2015)から2年、弟Liam GallagherのSolo「As You Were」の発売にほぼ合わせたようなタイミングでReleaseされたNoel Gallagher's High Flying Birdsの3rd Album「Who Built The Moon?」(2017/Album)。ここ数カ月ずっと聴いてきたのでそろそろ書いてみる。
 今回の3rd AlbumはOasis時代から含め、Noelの長いキャリアの中で大胆な実験作で冒険作だと思う。強烈なDance Tune、70年代のKrautrock、ムーディーなインストなどなど、Noelが作ってきたイギリスの伝統的なGuitar Rockとは全然違うSoundになっている。やはりPrimal ScreamやU2と組んできたDavid HolmesがProduceしているのが大きい。いやーこんなModern Psycheで明るくPositiveな1枚、結構気に入ってる。
 ともかく曲について。
・M-01「Fort Knox」:いきなりBig BeatのDance Trackで始まるOpening Tune。
・M-02「Holy Mountain」:ブ厚い音に美メロなChorus。めちゃめちゃサイケ色と幸福感が強くて、初めて聴いたときの衝撃は凄かった。
・M-03「Keep On Reaching」:差し込まれるBrassの音がスリリングさを増してる。
・M-04「It's A Beautiful World」:New Oderかと思わせる硬質なKrautrock。
・M-05「She Taught Me How To Fly」:これもいままでのNoelには無かったDance Track。しっかしM-04からこのM-05の流れはやたら気持ちいい。
・M-06「Be Careful What You Wish For」:"Get Back"的な合いの手(笑)がモロ60年代。
・M-07「Black & White Sunshine」:Noel鉄板のStraightなGuitar Rock。やっぱいい。
・M-08「Interlude (Wednesday Part 1)」:フランス映画ノワールのようなInst。どこかキラキラしてる。
・M-09「If Love Is The Law」:ザクザクした陽性で空中浮遊感ただようPsyche Tune。
・M-10「The Man Who Built The Moon」:StraightなGuitar Rock。このNoel鉄板な哀愁感と寂寥感はやっぱいい。
・M-11「End Credits (Wednesday Part 2)」:これもM-08の流れのInst Tune。M-12のBonus Trackを除けば、InstでClosingするAlbumということに。
・M-12「Dead In The Water (Live at RTE 2FM Studios, Dublin)」:Simpleで美メロのAcoustic Tune。これぞNoelの根幹。

 しっかし2017年の秋から冬はLiamのSoloとこのNoelの3rdでほんと楽しませてもらった季節だった。

● Who Built The Moon?/Noel Gallagher's High Flying Birds (2017/Album)
M-01. Fort Knox
M-02. Holy Mountain
M-03. Keep On Reaching
M-04. It's A Beautiful World
M-05. She Taught Me How To Fly
M-06. Be Careful What You Wish For
M-07. Black & White Sunshine
M-08. Interlude (Wednesday Part 1)
M-09. If Love Is The Law
M-10. The Man Who Built The Moon
M-11. End Credits (Wednesday Part 2)
M-12. Dead In The Water (Live at RTE 2FM Studios, Dublin)
* Written by Noel Gallagher.
* Produced by David Holmes.
* Mixed and Engineering by Tristin Ramazanoglu.
* Mastered by John Davis at Metropolis,London.
* Recorded at Drama Studios,Belfast,The Pool and Hoxa HQ,London.
* JDNCCD27 2017 Sour Mash Records Ltd.

cf. Noel Gallagher's High Flying Birds My CD/DVD List
- Noel Gallagher's High Flying Birds (2011/Album)
- If I Had A Gun... (2011/CDS)
- International Magic Live at The O2 (2012/DVD)
- Chasing Yesterday (2015/Album)
- Who Built The Moon? (2017/Album)

| | TrackBack (0)

Thursday, February 01, 2018

「As You Were/Liam Gallagher」を聴いた

Liamgallagher_asyouwere Beady Eye解散がじっと沈泥してたLiam Gallagher。そんなLiam、待望のSolo Album「As You Were」(2017/Album)が去年2017秋にRelease。NoelのNew Album「Who Built The Moon?」とともにずっと聴きまくってたんで、そろそろ書いてみる。
 去年6月の1st SG「Wall Of Glass」がReleaseされて、期待しずっと待ってたLiamの声と曲だったんで、ほんとに嬉しかった。そして10月にこのSolo Album「As You Were」なんだけど、このAlbumの勝利は完全にLiamの声とその声を活かした楽曲が揃っていること。3人のProducerとAlbumは製作されているんだけど、Greg Kurstinとは「Wall Of Glass」「Paper Crown」「Come Back To Me」、Andrew Wyattとは「Chinatown」、そしてGrech-Margueratがそれ以外の曲をProduceしている。その3人ともがLiamに期待していること、つまりLiamの声をちゃんと理解して作っていることがいい。まさに兄NoelがOasisで取った製作スタンスそのものだったんだと思う。それを理解してAlbumを作ったLiamも、大人になったんだと思う。全英1位だし、素直に売れてよかった。
 ともかくひっかかった曲について。
・M-01「Wall Of Glass」:GuitarとBlue Harpが絡む最高のIntroにLiamの表情豊かな声がねちっこく絡んでいく。これだよこれ!って思ったOpening Tune。
・M-02「Bold」:枯れた哀愁感がたまらない。
・M-03「Greedy Soul」:Brassも絡んだ大袈裟R&R Tune。
・M-04「Paper Crown」:どこか辛辣な歌詞に暖かいような冷めたようなAcoustic Tune。
・M-05「For What It's Worth」:これも哀愁と旅愁と郷愁があって、サビへの展開が最高。このAlbumでのMy Favorite Tuneがこれ。
・M-06「When I'm In Need」:LiamらしいPsychedelicさ。
・M-07「You Better Run」:ザクザクしたBig Tune。
・M-08「I Get By」:これも差し込まれるGuitarのリフがいい。
・M-09「Chinatown」:どこか豊かさが漂うRhythmとMelody。
・M-10「Come Back To Me」:彼まくってるBluzyさ。
・M-11「Universal Gleam」:これも70年代なPsycheさが漂う。
・M-12「I've All I Need」:最後までLiamの表情豊かな声を楽しめるClosing Tune。

 さ、次はNoelの「Who Built The Moon?」についてもそろそろ書こう。

● As You Were/Liam Gallagher (2017/Album)
M-01. Wall Of Glass
M-02. Bold
M-03. Greedy Soul
M-04. Paper Crown
M-05. For What It's Worth
M-06. When I'm In Need
M-07. You Better Run
M-08. I Get By
M-09. Chinatown
M-10. Come Back To Me
M-11. Universal Gleam
M-12. I've All I Need
* Produced by Greg Kurstin,Dan Grech-Marguerat and Andrew Wyatt.
* Engineering by Greg Kurstin,Dan Grech-Marguerat,Alex Pasco,Julian Burg,Ben Mclusky and Joseph Rogers.
* Mixing by Greg Kurstin,Dan Grech-Marguerat and Mark"Spike"Stent.
* Mastered by Brian Lucey.
* 0190295774943 2017 Warner Bros.Records UK.

cf. Liam Gallagher My CD/DVD List
- As You Were (2017/Album)

| | TrackBack (0)

Wednesday, January 31, 2018

「LIVE TIPS #1 tricot」(WOWOW)を観た

Tricot_wowow

 次世代を担うアーティストに迫る新たなWOWOWオリジナル企画「LIVE TIPS」。この新たな音楽番組の第1回目で取り上げられたBand"tricot"をフィーチャーした「LIVE TIPS #1 tricot」を観た。
 このLive映像は、「tricot VS 47 Tour」の中から2017.11.15 Zepp DiverCityでのLiveが収録されたもの。今回初めてtricotのLiveをじっくり観たんだけど、変拍子と転調で次が読めないスリリングなMelody Lineがいいし、音は轟音だし、Bandとしての強靭なアンサンブルがたまらない。そもそもフロント女性3人によるBandってそれだけで絵になるし、赤を基調にしたライティングもBackで流れる幾何学的なBGVも、混沌として幻想的で雰囲気を作り出している。
 特によかった曲は、鋭角的なRhythmがいい「よそいき」、ともかくMelodyがいい「スキマ」、轟音Introの「エコー」、抑揚あるRhythmの「おもてなし」、激しさがたまらない「POOL」、Hardcoreな「飛べ」、Floorにダイブが起きまくった「99.974℃」、ほぼアンプラグドな「Laststep」、Popだしどこか日常的な「メロンソーダ」あたり。
 しっかしこの音楽番組、カメラワークがとてもいい。楽しみな番組が増えたかも。

● On Air Set List:LIVE TIPS #1 tricot (WOWOW)
M-01. TOKYO VAMPIRE HOTEL
M-02. WABI-SABI
M-03. よそいき
M-04. DeDeDe
M-05. スキマ
M-06. エコー
M-07. おもてなし
M-08. POOL
M-09. 飛べ
M-10. 庭
M-11. 99.974℃
M-12. 節約家
M-13. MATSURI(KYOTO MUSE 2017.10.20)
M-14. Laststep
M-15. ブームに乗って
M-16. メロンソーダ
* Filmed Live at Zepp DiverCity,Tokyo on 15th Nov.2017.

| | TrackBack (0)

Tuesday, January 30, 2018

rockin'on 2 February 2018

Ro1802 最新号「rockin'on 2 February 2018」。気になった記事について。
 ●U2 New Album "Songs of Experience":
 新譜「Songs of Experience」Releaseに合わせたU2大特集。前作「Songs Of Innocence」と対になるAlbumで、すでにほぼ完成していたこの「Songs of Experience」をトランプ大統領当選で作り変えたという。そして、「ボノが語る、U2の15の代表曲」。"I Will Follow"、"Sunday Bloody Sunday"、"One"、"Beautiful Day"などなどBonoが背景とか思いとかを語ってる。さらにU2のAlbum Discography。徐々に政治的なMessageが強くなっていくPost PunkからAmericaのRootsなRockを吸収し、ElectricなDance Tuneの3部作を経て、原点回帰し、Modern PopなAlbumを作ってきた4人。全部聴いてきたけど、新譜「Songs of Experience」をまだ聴けていないのが相当ヤバい。
 ●UK ROCK ANTHEM 100:
 この企画もたまらない。まさかOasisの"Don't Look Back In Anger"が1位とは。The Beatlesの"Hey Jude"やThe Rolling Stonesの"(I Can't Get No)Satisfaction"とかが10位圏外だったりする。いい意味でロッキンらしい選曲。ともかく10位まで書いてみる。
01. Don't Look Back In Anger/Oasis (1995)
02. Where The Streets Has No Name/U2 (1987)
03. Heroes/David Bowie (1977)
04. Viva La Vida/Coldplay (2008)
05. Anarchy In The U.K./Sex Pistols (1976)
06. Bitter Sweet Symphony/The Verve (1997)
07. Creep/Radiohead (1992)
08. Bohemian Rhapsody (1975)
09. Kninghts Of Cydonia/Muse (2006)
10. Temptation/New Order (1982)
 ●今から30年前、あの頃ロックは「1987年」:
 ちょうど大学生の頃でまだCDは持ってなく、ひたすら友愛でRecordをレンタルし、Tapeに落として、Walkmanが買えずAIWAのカセットボーイで聴きまくってた頃。やっぱりPrinceの"Sign 'O' The Times"、Guns N'Rosesの"Appetite For Destruction"、U2の"The Joshua Tree"など1987年はあらためて凄い1年だったんだ。

 これ以外の記事では、Neil Young New Album "The Visitor"、Linkin Park New Live Album "One More Light Live"(これも聴かねば!)、New Order New Live Album "NOMC15"、Eminem New Album "Revival"あたり。

追記:忘れないように、気になるCD/DVDを。
・Revival/Eminem (Album)
・One More Light Live/Linkin Park (Album)
・NOMC15/New Order (Album)
・Let's Play Two/Pearl Jam (DVD)

| | TrackBack (0)

Monday, January 29, 2018

「JAPAN'S NEXT 2017 SPECIAL CD/Various Artists」を聴いた

Japansnet2017specialcd ちょっと古いけど、「ROCKIN'ON JAPAN NOVEMBER 2017」の付録についていたCompilation CD「JAPAN'S NEXT 2017 SPECIAL CD」(2017/Album)。ぼちぼち聴いてたんだけど、ちょっと書いてみる。
 これ、JAPAN誌がプッシュする新鋭BandのMovement「JAPAN'S NEXT」。その動きの中でにCompilation CD第9弾がこれ。今回も記事とともに10組の新世代Bandの音源がCDとして付いている。ちょっとひっかかった曲について書いてみる。
・M-01「Highlight/chelmico」:めくるめくTrackと女の子の本音がいい。
・M-02「暖かい都会から/teto」:早急なBeatにのってる生活感。
・M-03「いつか/Saucy Dog」:再会を願うBallad。声がいい。
・M-04「命短し恋せよ乙女/MOSHIMO」:安定感ありそな演奏力とCuteなVocal。
・M-06「高速道路/リーガルリリー」:幻想的な音と詩的なLyric。
・M-07「Dancing in Midnight/Yap!!!」:石毛輝の3piece。あのHigh Tone Voiceがやっぱり唯一無二。
・M-08「look at the sea/おいしくるメロンパン」:Swing感のあるLove Song。
・M-10「されど奇術師は賽を振る/嘘とカメレオン」:TrickyなDance Rockにのったリフが面白い。

 ともかくこのコンピCDは、ゲスや爆弾ジョニーにハマったり、BLUE ENCOUNTやWANIMA、My Hair is Bad、雨のパレード、Nulbarichにひっかかったりといままで手が出なかった新しい音に出会えるちょっとうれしい企画。ずっと続けてほしいものです。

● JAPAN'S NEXT 2017 SPECIAL CD (2017/Album)
M-01. Highlight/chelmico
M-02. 暖かい都会から/teto
M-03. いつか/Saucy Dog
M-04. 命短し恋せよ乙女/MOSHIMO
M-05. ヨノナカカオ/ReVision of Sence
M-06. 高速道路/リーガルリリー
M-07. Dancing in Midnight/Yap!!!
M-08. look at the sea/おいしくるメロンパン
M-09. E.G.B.A./Ivy to Fraudulent Game
M-10. されど奇術師は賽を振る/嘘とカメレオン
* R-1790685DN ROCKIN'ON JAPAN NOVEMBER 2017 Not For Sale.

cf. JAPAN'S NEXT My CD/DVD List
- JAPAN'S NEXT 2013 SPECIAL CD (2013/Album)
- JAPAN'S NEXT 2013→2014 SPECIAL CD (2014/Album)
- JAPAN'S NEXT 2014 SPECIAL CD (2014/Album)
- JAPAN'S NEXT 2014→2015 SPECIAL CD (2014/Album)
- JAPAN'S NEXT 2015 SPECIAL CD (2015/Album)
- JAPAN'S NEXT 2015→2016 SPECIAL CD (2016/Album)
- JAPAN'S NEXT 2016 SPECIAL CD (2016/Album)
- JAPAN'S NEXT 2016→2017 SPECIAL CD (2017/Album)
- JAPAN'S NEXT 2017 SPECIAL CD (2017/Album)

| | TrackBack (0)

Friday, January 26, 2018

「ノンフィクションW~エレファントカシマシ、宮本浩次」(WOWOW)を観た

Elephantkashimashi_wowow

 去年2017年、デビュー30周年を迎えたエレファントカシマシ。そのボーカル宮本浩次の姿を追ったドキュメンタリー番組「ノンフィクションW~エレファントカシマシ、宮本浩次」(WOWOW)について。
 今までエレカシはめちゃめちゃ聴いてきたBandではなかったし、宮本浩次のインタビューをたまに読んでるという感じだった。それでも4年前に個人的に大変な時期にはエレカシの「今宵の月のように」を聴いて、ほんとに勇気づけられた。そんなエレカシの宮本浩次に密着した今回の放送、正直衝撃だった。
 自分のボーカルを「世界屈指。間違いない」と何回も言いながら、人にわかってもらうのは難しいと目を瞑り眉間にシワを寄せながら語る宮本。リハーサルでは自分の理想や思いとギャップがあるメンバーに怒号を飛ばす宮本。30周年に紅白出場が決まり、やっと初めて認められ、表彰状をもらったと喜びを語る宮本。そんな生身の宮本の姿が描かれていたんだけど、一番ショックだったのが、宮本がメンバーと楽屋を別にしていること。「気を遣っちゃうから」と楽屋を分けステージに立つまでメンバーの間の会話が一切ない。これは衝撃だった。
 ちなみにこの番組の語りは横山健(Ken Band、Hi-STARNDARD)。宮本があまりにもハングリーで、彼の満たされない歯がゆさが伝わった良質なドキュメンター番組だった。

| | TrackBack (0)

Wednesday, January 24, 2018

「DURAN DURAN PAPER GODS JAPAN TOUR 2017」(WOWOW)を観た

Duranduran_japantour2017

 高校生の頃、結構好きだったDuran Duran。そんな彼らの2017年武道館公演「DURAN DURAN PAPER GODS JAPAN TOUR 2017」が「デュラン・デュラン ペイパー・ゴッズ・ジャパン・ツアー 2017」としてWOWOWで放送された。
 今回の武道館公演、初来日から35年とのことで、ほんとに豪華。で、メンバーだけどSimon Le Bonは小太りなおっさんだけどどこか面影があるし、BassはJohn Taylerだし、KeyboardはNick Rhodes(なかなか名前を思い出せなかったけど)。で、Drumsがまったく別人かと思ったら、途中のメンバー紹介であのRoger Taylerだとわかった。いやー時の流れは残酷だ。でもLive自体はなかなかよくて、Backで流れる映像も照明も素晴らしい。特にLightningが武道館全体と日本の国旗をうまく使っていて、ほんと至福感あふれた演出になっていた。しっかし、永年Duran DuranをProduceしていたNeil Rogersが登場し、一緒に競演してるのはうれしいハプニングだった。
 特によかったのは壮大なOpeningの「Paper Gods」、こんな曲あったなぁな「The Wild Boys」、007のテーマから「A View To A Kill」、女性ChorusがフィーチャーされてDancableでSoulfulな「Last Night In The City」、ドロっとしたRhythmの「Love VooDoo」、Neil RogersのGuitarのCuttingがいい「Notorious」と「Pressure Off」、核の脅威に触れながら世界平和を祈った「Ordinary World」、2曲が見事に繋がってる「(Reach Up For The)Sunrise/New Moon On Monday」、80年代のBritish Innovetionを代表する曲だと思う「Hungry Like The Wolf」、この曲のおバカPVが懐かしい「Girls On Film」、客席の灯ったスマホほ灯りが美しい「Save A Prayer」、この曲のリフが好きだった「Rio」あたり。
 時の流れは残酷だけど、こうやって現役なのは嬉しいことです。

● On Air Set List:DURAN DURAN PAPER GODS JAPAN TOUR 2017 (WOWOW)
M-01. Paper Gods
M-02. The Wild Boys
M-03. I Don't Want Your Love
M-04. A View To A Kill
M-05. Come Undone
M-06. Last Night In The City
M-07. Only In Dreams
M-08. Love VooDoo
M-09. Notorious
M-10. Pressure Off
M-11. Hold Back The Rain
M-12. Face For Today
M-13. Ordinary World
M-14. (Reach Up For The)Sunrise/New Moon On Monday
M-15. Hungry Like The Wolf
M-16. White Line
M-17. Girls On Film
M-18. The Universe Alone
M-19. Save A Prayer
M-20. Rio
* Filmed Live at Nippon Budokan,Tokyo on 20th Sep.2017.
* Duran Duran:Simon Le Bon(Lead Vocals),John Tayler(Bass Guitar and Vocals),Nick Rhodes(Keyboards and Vocals),Roger Tayler(Drums)
* Produced by WOWOW Entertainment Inc,in association with Rikkyu Inc.

| | TrackBack (0)

より以前の記事一覧